看護師のダブルワークについて


医者と看護師

ダブルワークをご存知でしょうか。いわゆる副業です。
看護師の方の中には日勤常勤で働きながら、ダブルワークで夜勤専従をされている方もおられます。
ただ、ダブルワークは何か悪いことしているようなイメージを持たれている方が多いのも事実です。
本稿ではダブルワークの特徴と注意すべき点を解説します。

ダブルワークとは

看護師

ダブルワークとは、2つの仕事をすること。Wワークとも副業とも言います。
掛け持ちはアルバイトを数種類している状態なので、Wワークとは言いません。
正社員(本業)+バイト(副業)とイメージいただくとわかりやすいと思います。
ダブルワークは基本的には長期間するようなものではありません。
少し収入が必要になり、短期間で稼ぎたい時に行うことが多いでしょう。
根本的に収入アップが必要でしたら、転職を考えた方が良いと思います。
看護師さんのダブルワークで多いのは、主ワークのシフト休みの日に他の病院で働くタイプです。
中には、夜勤専従を本業で働きながら、ダブルワークでも夜勤バイトをする方もおられます。

ダブルワークで確認すべきこと

患者と看護師

法律上、ダブルワークは禁止されていません。
ただ国立病院などで公務員として働いている看護師はダブルワークが禁止されています。
公務員は副業兼業を法律で禁止されているのです。

普通の病院や診療所でも、就業規則で副業を禁止されている場合がありますので、就業規則は必ず確認しましょう。
ただ就業規則がきちんと作られているところは少ないので、多くの場合ダブルワークは出来ると思われますが、不安な方は確認されるのが賢明です。
基本的には、就業規則で禁止していても法律上は禁止していませんのでダブルワークは可能なのですが、納税の部分で注意が必要です。
ダブルワーク分は個人納付になります。
個人で支払う分には問題ありませんが、納付を忘れてしまうと本業の病院に通知が来ます。
ダブルワークを認めている病院はともかく、禁止している病院にこの通知が来てしまうと法律上問題なくても、その病院には居辛くなってしまいます。
この税金については、近くの役所で問い合わせると分かりますので、ダブルワークをする際にはまず、役所に相談してみると良いでしょう。

看護師のダブルワークの注意点

悩む看護師

看護師がダブルワークをする際、副業も基本は看護師だと思います。
そのほうが収入面やスキルアップ面でも意味がありますが、注意すべき点があります。

1.本業に支障が出ないこと

副業が本業の邪魔をしては元も子もありません。
本業に支障がない程度で働きましょう。

2.希望のシフトが組めること

1.に繋がることですが、本業のシフトとダブルブッキングは本業副業両方に悪影響しかありません。
希望のシフトを組める病院で働きましょう。

3.人間関係が良い職場であること

副業とはいえ、1人で仕事をする訳ではありません。
仲間と一緒にやる以上、人間関係が良い職場で働きましょう。
医療ワーカーでは見学だけでもOKですよ。

医療ワーカーではダブルワークの求人もご紹介しております。
ダブルワークをお考えの看護師の方は是非ご相談ください。