特定看護師について


笑顔の看護師

特定看護師をご存知でしょうか?特定看護師とは、国が実施している「特定行為に係る看護師の研修制度」を修了した者のことを呼びます。簡単に説明すると、医師にしかできなかった医療行為が特定の範囲に限り看護師にも可能になることです。ここでは新しい形の看護師像である「特定看護師」が、どんな目的で設けられたのか?どんな看護師なのか?をご紹介します。

特定看護師の目的

会話をする医者と看護師

特定看護師制度の設立の背景には、国が莫大な医療費を軽減するために「在院日数の短縮化」を推進したことにあります。しかし、これが原因で医師の業務量が増えてしまう事態が起こってしまいました。ただでさえ、医師の数が患者に対し不足していると同時に、医療も進歩し専門的になっていく中でこれは非常に大きな問題となりました。そこで、看護師の役割を拡大することによって医師の負担を軽減し、医療行為の安全性を高めると共に、より効率的な医療行為を行えるようにと提案されたのが「特定看護師」の制度なのです。この制度によって、医師が不在、現場にすぐに駆けつけるのが難しい状況の時など、患者の急変に看護師の判断で医療行為が行えるのは大きなメリットになります。

仕事内容

笑いあう看護師2人

仕事内容
特定看護師は、認定看護師の業務に+αを加えた仕事内容になります。それは認定看護師の上位職に位置するためです。この+αの部分とは、「診療の補助」に含まれていなかった一定の医療行為を医師の包括的な指示の範囲内で手順書(プロトコール)に基づいて実施することを可能にしたことを指し、その特定行為は21区分・38行為になります。

【診療行為実施の流れ(想定)】
医師が患者を特定した上で看護師に手順書により特定行為をするよう指示

患者の症状が範囲内か確認

看護師が手順書に定められた「診療の補助の内容」を実施

看護師が医師に結果の報告

以上のように、医師により包括的指示の範囲内で実施可能と判断された場合により、手順書(プロトコール)による診療補助の実施が可能になります。しかし、医師が患者の様態を確認し、包括的指示は困難と判断した場合は、医師の具体的指示を基に診療補助を行うことになります。以下は特定行為21区分・38行為の詳細になります。
https://www.nurse.or.jp/nursing/tokutei/kenshu/03.html(日本看護協会HP)

特定看護師になるには

病院の廊下

先ほども述べましたように、特定看護師は現在資格化が検討されている最中であって制度化はされていませんが、調査試行事業の研修課程を持つ「日本看護協会看護研修学校」によれば「特定看護師(仮称)養成調査試行事業実施過程」の申請にあたっては以下の5つの要件を満たしている必要があります。
※資格の要件を検討中であって、必ずしも以下が条件になるとは限りません。

1. 日本看護協会が認定する当該分野の認定看護師の資格を有すること
2. 認定看護師の資格取得後、5年以上の経験を有すること
3. 当該分野の認定看護師としての実践を積んでいること
4. 研修を受けるに当たり、所属施設の看護部長あるいは施設長の同意を得ていること
5. 出張および研修等で研修中の身分が保証されていること

上記で分かるように、認定看護師の資格が必要になります。資格を取得するには専門の学校へ半年間通い、特定分野においてより専門的な知識を学ばなければならないのです。認定看護師の上に位置する特定看護師になるためには、「時間」、「費用」、「努力」と「勤務先の支援」が必要不可欠であることから狭き門だと言えます。
特定看護師は、医師に近い業務を任される立場にあるため、専門看護師・認定看護師よりも責任は重くなります。また、特定分野に対し特化した専門的な知識・チームをまとめるマネジメント力・プレッシャーに打ち勝つ強いメンタルが必要な職業です。ただ慢性的な医師不足の今日では、新しい形の特定看護師は非常に重宝される存在であることは間違いありません。