プリセプター制度について


笑顔の看護師

プリセプター制度、新人看護師が先輩看護師からマンツーマンで教育や指導を受ける制度です。多くの看護師が受けたことがある制度だと思いますが、実は新人以外でも受けられることがあります。今回はそもそもの制度の意味と、誰が受けられるのかを見ていきます。

プリセプター制度とは

看護師二人

プリセプター制度とは、先輩看護師(プリセプター)が新人看護師(プリセプティ)に基本的にマンツーマンで教育、指導を行う制度です。先輩看護師には大体3年目ぐらいの看護師がなることが多いです。これは新人看護師と年齢が近く、新人看護師の気持ちを理解できるであろうという理由からです。新人看護師は、この先輩から看護師としての心構えやいろはを数ヶ月から1年かけて教わっていきます。また、先輩看護師は新人看護師に教えることで自分の仕事を再度確認する、という意味もあります。

プリセプター制度のメリット、デメリット

喜んでいる看護師

プリセプター制度のメリットとして言われているのは、新人看護師側ではマンツーマンでの研修になるので、質問がしやすい点や、実践を行うときも近くに先輩がいるのでフォローをしてもらえる点が挙げられます。看護師としての勉強は机上やマニュアルで分かっているとは言え、現場での実務はその通りにはいきません。それを年齢の近い先輩から習えるのは、看護師実務の大きな最初の一歩になります。先輩看護師としては年齢が近い後輩に、自分が習ってきたことを教えることで、自分の知識経験を再確認できます。教えるということは自分が分かっていなければ教えることができません。それを確認できるのは先輩看護師としてのメリットでしょう。

メリットがある一方でデメリットもあります。一番大きなデメリットは、先輩看護師に大きな負担がかかるところです。3年目とはいえ、看護師としてやっと一人前になれた看護師が新人看護師を受け持つのは大変なことです。自分の仕事だけでも手一杯なのに追加で一人分の仕事を教える訳ですから。先輩看護師をサポートする看護師を設置している病院では、上記のデメリットも軽減されますが、多くの病院では設置されていないのが実情です。

新人看護師側にもデメリットがあります。プリセプター制度の基本はマンツーマンのため、先輩看護師との人間関係が上手くいかなくて早期離職に繋がるという話があります。プリセプターがいるため他の先輩に聞きづらい、そもそものプリセプターの能力不足などもデメリットとして挙げられます。最近では、プリセプター制度をマンツーマンではなく先輩看護師全体で教える方針に変更したり、3年目看護師ではなく婦長が教える様にしたりと教育方法に変化もみられるようになってきました。

中途採用プリセプター制度

病院の待合室

上にも書いてきました通り、プリセプター制度は基本的に新人看護師のための制度です。ですが、最近では看護師不足もあり、ブランクのある看護師向けにプリセプター制度を行う病院も出てきました。それが中途採用プリセプター制度です。 新人用のプリセプター制度との違いは、ブランクがあるとはいえ看護歴を持った人ですので、0から全てではなく復習としてのプリセプター制度になることです。スキルは持っているが、その病院でのルールを覚えるために導入している病院もあります。ただし、中途採用で入った方全員が受けられるという訳ではありません。ある程度の大病院では導入していますが、クリニック等ではOJT(職場内研修)で行うことが多いようです。スキルに自信が無い場合は、求人面接時にプリセプター制度を要望することで行ってくれる病院もあります。 普段、中途用には用意していない病院でも、4月入職時は用意してくれる病院もあります。詳しくは医療ワーカーのコンサルタントにお尋ね下さいね。

メリットもデメリットもあるプリセプター制度ではありますが、新人やブランクのある方にはとても大事な制度です。制度を行っている病院などは医療ワーカーのコンサルタントにお気軽にお尋ね下さい。