看護師の夜勤専従の特徴やメリット


看護師

看護師不足が騒がれている現在、看護師求人の数は増加傾向にあります。
そんな看護師求人にはいくつか勤務形態があり、「夜勤専従」はそのうちのひとつです。
夜間帯の対応も行っている医療機関では、夜勤看護師の存在が必要不可欠であるため、夜勤が可能な方は非常に重宝されます。
そこで、夜勤専従での働き方やメリットについてご紹介していきます。

「夜勤専従」の働き方

夜勤中の看護師

日勤はなく、夜勤のみの勤務形態のことです。
なお、生活のリズムが狂うのではないかと懸念される方もいるかもしれませんが、常勤と違い日勤は一切ないため、人によっては夜勤専従を好む方もいます。
勤務時間は、16時半から翌日の9時15分までというのが一般的です。
もちろん求人先によって多少の差はありますが、1回の勤務時間が長く、1ヶ月で見た際の勤務日数は少ないことが特徴です。
そんな夜勤専従の業務内容は、日勤からの引き継ぎ業務に始まり、食事介助から配薬、睡眠のサポートまであらゆる面で患者さんのケアを行うことです。
また、オムツ交換や見回り、定期的な体位交換などに対応する必要があり、体力的にも精神的にもかなりハードではありますが、途中で仮眠時間も設けられているため、ずっと立ちっぱなしということは基本的にありません。
日勤の方への引き継ぎも重要な業務。
スムーズな引き継ぎのためにも、患者さんの些細な変化やできごともこまめにメモをとるよう心がけましょう。

「夜勤専従」のメリット

ファイルを持つ看護師

夜勤専従に転職するメリットはいくつかありますが、なかでも「短時間で高収入が期待できる」のは非常に大きなメリットです。
他の職と比べると比較的時給の高い看護師求人ですが、夜勤をすればさらに夜勤手当がプラスされます。
休日数が増えることも夜勤専従に転職するメリットです。
前述したように、1回の勤務時間が長い代わりに1ヶ月の勤務日数は少ないため、それだけ自由な時間が多くなります。
夜勤を終えたあとはもちろん、施設によっては翌日も休みになるところも。
したがって、仕事とプライベートの両方を充実させやすい勤務形態といえます。