リンクナースとして働く看護師の仕事内容と特徴


5人の医療従事者

専門チームと現場の看護師をつなぐリンクナースには、現場の看護師とは異なるやりがいがあります。

ここではリンクナースの仕事内容や特徴、メリットをご紹介します。

リンクナースとは?

外国の女性

リンクナースという働き方は、イギリスで確立されたものです。

リンクナースは医療機関の中にある専門チームと病棟の看護師をつなぐ役割をしている看護師です。

日々患者さんに付き添って仕事をしている看護師の方々のために、リンクナースは専門チームから感染管理や褥瘡対策、最新医療知識、栄養管理などの情報を学び、病棟の看護師に周知していきます。

このようなことを行うことにより、病棟全体の医療レベルもアップし、患者さんにも更に安心な医療機関となっていきます。

リンクナースの仕事内容

手を上げている看護師

各医療機関の専門チームだけでは、最新医療知識や技術を病棟の看護師全体に広めることは難しいので、看護師のためだけでなく専門チームのためにも活躍しているのがリンクナースです。

どのように専門チームから知識、技術を学び、アドバイスをもらっているかというと、月に1~2回リンクナース会や委員会が開かれ、そこで情報を共有します。

リンクナースはその時に知識、技術を教えてもらうだけでなく、現場看護師の教育現状報告や問題点についても取り上げ、話し合います。

現場看護師に対しては勉強会を開催、教育指導に力を入れていき、看護師のレベルアップのために動きます。

リンクナースのメリット

笑っている看護師と医師

リンクナースになると、現場で活躍する看護師では学べないような専門性が身に付きます。

病棟の看護師と連携をとるため、リンクナースはリーダー的立場にもなり、看護師の教育指導も行うため、コミュニケーション能力、指導する力、組織全体を考える運営的視点など多くの力が養えます。

このような豊富な能力を身に着けられるため、当然キャリアアップの道が開かれます。

一見、現場の看護師のように患者さんに寄り添って看護ができなく、やりがいが少ないのかと思われるかもしれませんが、自分が看護師に寄り添い、その看護師がスキルアップしていき患者さんが喜ばれている姿を見られるという、現場の看護師とは異なる大きなやりがいを感じられることでしょう。

転職の際にもリンクナースであれば大きなアピールポイントとなります。

自身のスキルアップを望む方、大きなやりがいを感じたい方はリンクナースを1度考えてみてはいかがでしょうか。