看護師の常勤(日勤のみ)の特徴やメリット


医者と看護師と患者の女の子

看護師求人のなかには「常勤(日勤のみ)」として働けるところもあるので、子育てや家事と仕事を両立したいという方も諦める必要はありません。
実際に、出産を機に夜勤のない職場へ転職したという方も多くいます。
また、夜勤があるため勤務時間がバラバラで、規則正しい生活習慣を送れないという理由から、転職し「常勤(日勤のみ)」という働き方を選ぶ方もめずらしくないのです。

常勤(日勤のみ)の働き方

笑顔の看護師

日勤のみの看護師といっても、「病棟の求人に応募するケース」と「外来の求人に応募するケース」の2つに大きく分けることができます。

病棟で勤務する場合

病棟は、家庭で日常生活を送ることに不安を持つ方が入院する施設です。
そして、看護師として病棟で働くことになれば、患者さんの身の回りのケアはもちろん、いざというときの対処なども任されることになります。
基本的な業務内容を簡単に説明すると、食事の配膳やセッティング、食事介助や入浴介助、患者さんの心身状態を記録するための血圧測定・体温測定などがあります。
また、起床した方のベッドを整えるのも業務のひとつです。
また、定期的に患者さんの部屋をまわって様子を見たり、声をかけるなど精神面でのサポートも看護師としての重要な業務。
したがって、患者さんに一人ひとりに合った細やかな気遣い、そして些細な変化をすぐに感じ取れることが大切です。
そして、夜勤への引き継ぎも大切な業務のひとつ。
日中に起こったことや患者さんの変化などを、細かく夜勤者へ伝えていきます。
スムーズな引き継ぎができるよう、業務中はメモを持ち歩くのが看護師の基本です。

外来で勤務する場合

外来は、病気やケガなどを患った方が診察を受けるために訪れる場所です。
そのため、日によって訪れる患者さんの数はバラバラで、インフルエンザなどのウイルスが流行りだすと非常に慌ただしくなるのが特徴です。
外来勤務の看護師の基本的な業務は、医師が診察を行いやすいようサポートすること。
たとえば、診察に必要な器具を用意したり、診察しやすいよう患者さんの着脱を手伝ったりというのもそのひとつ。
また、病棟で働くスタッフと連携することも非常に重要で、入院が必要な患者さんがいれば、病棟のベッドに空きがあるかの確認もしておかなくてはなりません。
なお、その際は患者さんの情報をきちんと病棟スタッフに伝えられるよう、把握しておくことも大切です。

常勤(日勤のみ)の働き方

病院の待合室

日勤のみで働くメリットは、体力面と精神面の両方の負担を軽減できるという点です。
夜勤のある職場から夜勤のない職場へ転職することで、無理のない勤務が可能となります。
また、福利厚生がしっかり設けられているのも大きなメリット。
夜勤手当がないため、夜勤ありの常勤者と比較すると収入は低くなりますが、ボーナスや有給制度などがあることには違いありません。
よって、ある程度の収入を得つつ、子育てや家事との両立を図ることができます。

規則正しい日常生活を送ることは、自身の健康や美容にとっても大切です。
現在、夜勤ありの求人で働き、健康や美容の面で不調を感じている方がいれば、日勤のみの求人に転職を考えてみるのもひとつの手段です。