フィールドナースとして働く看護師の仕事内容と特徴


看護師2人

企業看護師の中でも、医療機器の営業、販売、サポートなどを行うフィールドナース。これだけでも一般の看護師とは異なることはわかると思いますが、ここではフィールドナースの具体的な仕事内容や特徴、メリット、デメリットをご紹介します。

フィールドナースの仕事内容

笑顔の看護師

フィールドナースの仕事は、医療機器の営業・販売・サポートが中心になります。医療機器の使用方法の説明、また、使用中何らかのトラブルが発生した場合に的確にサポートします。もしトラブルが発生したら、医療の現場を知っている人でないと、即座に対応することができない可能性が高いので、重要かつ責任のある仕事になります。そのためフィールドナースの仕事の軸となるのは、社外の人と応対する事ですので、コミュニケーション能力は重要です。

フィールドナースの特徴とメリット

錠剤

・看護業務を一切行わない。
・一般的に病院勤務看護師よりも給料が高いことが多い。(営業的な業務が多いと、売り上げに応じてのインセンティブがある場合があり、それをモチベーションに働く看護師もいます。)
・会社の規定に従って基本的に土日祝日は休日、夜勤無し。(2、3交代制や土日勤務もせざるを得なかった看護師にとっては、働きやすいと感じると思います。)
・夜勤がなく、休みがしっかりとれて、家庭との両立がしやすい。
・病院だけでなく、企業勤務なので視野が広がる。

休日がしっかりとれるので、ストレスなく働けるのもメリットの1つです。また新たな医療に関する知識も常に身に着けることができますので、医療以外にも幅広い総合的な知識が得られます。もっと色々な事をもっと学びたい、外に目を向け営業的な事をしてみたいと思う方には最良の働き方だと思います。

フィールドナースのデメリット

電話をかけている女性

・看護師としての手仕事が衰えてしまう可能性がある。
・取引先は外資系の企業が多いため、英語力が試される可能性がある。

看護師としての知識は十分に活かされますが、技術を生かせるシーンはないので少し物足りなさを感じる人もいるかもしれません。しかし、一般企業で働く社員さんの中で、看護知識が豊富なあなたがいれば、会社で重宝がられるのは間違いありません。

このようにフィールドナースは英語力や、営業的なコミュニケーション能力が必要とされるため、「気楽にのびのびとゆったり働きたい」という人には向いていないのかもしれません。「実力主義の中で、もっと働きたい」と意欲がある人には、オススメの働き方です。