看護師の勤務時間について


笑っている2人の看護師

看護師さんが求人を探す際に気にするのは勤務時間ではないでしょうか。

時間に変化が無い日勤常勤では関係ありませんが、夜勤を含む病院の求人では勤務シフトは大変気になる所でしょう。

ここでは2交代3交代勤務の勤務時間においてのメリットデメリットをまとめます。

看護師の勤務時間

退院風景

看護師の勤務時間は、所属している医療機関によって大きく変わります。

まず日勤常勤のみの医療機関では、午前8時始業~午後5時終業の勤務が多いでしょう。

医療機関によって勤務時間帯が30分前後変わりはしますが、基本的にはこのタイムテーブルでの勤務となります。

これに加え、土曜祝日も勤務がある場合は、勤務シフトを入れて月の勤務時間を調整します。

看護師や医師の勤務で特徴が出るのは夜間勤務(夜勤)になります。

夜勤には一般的に2交代制と3交代制が選ばれています。

医療機関によっては5交代制のような特殊な交代パターンを使っている所もありますが、今回は基本的な2交代と3交代でお話させていただきます。

看護師の2交代制勤務について

夜の病院

2交代制勤務では、

・日勤として午前8時始業~午後5時終業
・夜勤として午後4時始業~翌日午前8時終業

の2つの勤務時間があります。

医療機関によっては、日勤の終わりを午後7時、夜勤の開始を午後7時にして同じ勤務時間にしている所もあります。

日勤は8時間労働ですが、夜勤時は16時間労働になるため拘束時間が長くこれを嫌う看護師さんがおられます。

ただ、2交代制では夜勤明けから次の勤務まで長く休息できるため(基本的に連続で夜勤のシフトにはしません)2交代制を選ぶ看護師さんも居ます。

また人によっては、この休みの日をWワークに使う看護師さんもいます。

看護師の3交代制勤務について

資料を持っている女性

3交代制勤務では、

・日勤として午前8時半始業~午後5時終業
・準夜勤として午後4時半始業~翌日午前1時終業
・深夜勤として午前12時半始業~午前9時終業

の3つの勤務時間があります。

ここに休日を入れて4つの勤務シフトを回していくのが一般的な3交代制勤務です。

一般的な病院では、日勤→深夜勤→準夜勤→休日を一つの区切りにして回すことが多いようですが、遅番や早朝勤務シフトを入れて、看護師個人の負担を考えた交代勤務を行っている医療機関もあります。

常勤では、一ヶ月に夜勤に入れる時間が72時間と決まっているので、上記の様な勤務シフトが出来上がっています。

3交代制でのメリットは各勤務時間が8時間になっているので看護師の負担が2交代制よりは減っている点です。

ただ、勤務シフトが日替わりのため、生活リズムが不規則になり体調不良を起こしたり、準夜勤の帰宅時は深夜のため交通機関が終わっているため交通費が余分にかかるなども起きています。

また、日勤→深夜勤は連続した日になりますので、日勤業務で残業が入ると、ただでさえ少ない休息時間が更に減ってしまうことになります。

国際労働機関ILOでは、交代制で働いている看護師は終業時から次の始業時間まで最低でも12時間を取るべきと提言していますが、日本の労働基準法には含まれておらず、日本の批准が待たれているのが実情です。

2交代、3交代どちらにもメリットデメリットが存在します。

ただ医療機関によっては、デメリットの軽減を考えて行動されているところもあります。

例えば、3交代勤務であれば、日勤→深夜勤→準夜勤よりは、日勤→準夜勤→深夜勤で勤務シフトを回している医療機関の方が看護師のことを考えています。

それ以外にも残業時間や離職率、看護師の人数などから、医療機関が看護師のことをどれだけ考えているのかは見えてきますので、少しでも気になる医療機関があれば医療ワーカーに是非ご相談くださいね。