認定看護師とは


笑顔の看護師

認定看護師は、キャリアアップを考えている看護師からとても人気の高い資格です。特定の看護分野において専門知識や熟練のスキルを身に付け、日本看護協会から認定を受けた看護師が認定看護師と呼ばれます。認定看護師を簡単に一言で説明すると、“より看護分野を極めたプロフェッショナルな看護師”と言えるでしょう。

受験資格

注射器

受験資格は以下の3つの項目を全て満たしている看護師に与えられます。
1. 看護師、保健師、助産師のいずれかの国家資格免許を取得していること。
2. 国家資格免許を取得後、いずれも看護師、保健師、助産師として通算5年以上の実務経験があること。そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること。
3. 日本看護協会が認定した認定看護師教育課程を修了していること。

認定看護分野の種類

笑顔の看護師2人

そもそも認定看護分野とは、以下の21分野から細かく分類されています。 その中から自分の得意な分野や興味や関心が強い分野を選択し、知識を深めていきます。

1. 救急看護
2. 皮膚・排泄ケア
3. 集中ケア
4. 緩和ケア
5. がん化学療法看護
6. がん性疼痛看護
7. 訪問看護
8. 感染管理
9. 糖尿病看護
10. 不妊症看護
11. 新生児集中ケア
12. 透析看護
13. 手術看護
14. 乳がん看護
15. 摂食・嚥下障害看護
16. 小児救急看護
17. 認知症看護
18. 脳卒中リハビリテーション看護
19. がん放射線療法看護
20. 慢性呼吸器疾患看護
21. 慢性心不全看護

仕事内容

パソコンと聴診器

主に認定看護師の仕事内容は3つあります。それは、『実践・指導・相談』です。

実践

認定看護師は洗練された知識や熟練のスキルを用いて、患者さんに看護ケアを実践していきます。より患者さんとの距離が近く、質の高い看護を求められ、期待もされることでしょう。普通の看護師よりも認定看護師は特定の分野で培われてきた力を発揮できるため、患者さんのためにしてあげられることが増え、やりがいを実感しやすいのも大きな魅力の1つです。

指導

認定看護師は特定の分野に特化した知識やスキルを兼ね備えているため、患者さんのことで先生と話し合う際に対等な立場で話し合いが出来るのも認定看護師ならではの魅力です。また、認定看護師の仕事として特徴的なのは教育指導をする機会が多いことが挙げられます。病院内で定期的に開催される研修などの担当を受け持ち、看護師の教育指導をしていくのも認定看護師の仕事の1つです。

相談

認定看護師の仕事内容は看護面のケアだけではありません。患者さんや患者さんの家族への精神面でのサポートや、患者さんへ処置を施している看護師の看護面でのサポートやアドバイス、相談を受けるのも認定看護師の仕事となります。相談を通して患者さんや患者さんの家族、または看護師と接していくため、多くの人から必要とされ厚い信頼を構築しながら仕事ができるのも認定看護師の大きな魅力であり、モチベーションを維持しながら働ける要因の1つになるでしょう。

自身のスキルの向上やキャリアアップを考えている看護師さんは、認定看護師の資格取得を考えてみてはいかがでしょうか?