人の命を繋ぐ、臓器移植コーディネーターについて


ハートを持つ女性
2009年7月に臓器移植法が改正されました。これにより、以前よりも臓器移植を行う件数は増加しています。ただ移植と言っても医師が手術を行うだけではありません。移植コーディネーターという看護師資格などを持った医療専門者が深く関わっています。今回は命を繋ぐ移植に深く関わる移植コーディネーターをまとめています。

そもそも(臓器)移植とは

移植とは、組織や臓器をドナー(提供者)からレシピエント(受給者)に移し替えす医療行為のことです。日本では臓器を移植することが多いので、臓器移植とまとめて呼ばれています。
移植では、ドナーとレシピエントの関係から分類されたり、ドナーの状態による分類がされています。生体移植や脳死移植、心臓死移植は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。

現在、日本では以下の臓器が臓器移植法により施工可能な臓器です。
・心臓移植
・肺移植
・腎臓移植
・肝臓移植
・小腸移植
・造血幹細胞移植
・骨髄移植
・角膜移植

日本での臓器移植は1960年代に初めて行われ、生体移植では進んでいく一方、脳死移植に関しては「脳死は人の死と認めない傾向」が強く、1997年の法改正まで移植は進んでいませんでした。この法改正により、「本人が臓器提供の意思を書面で示しかつ、家族が臓器提供に同意する場合に限り」臓器提供が出来る様になったことで脳死移植の件数が増えてきました。この臓器移植に関する医療専門者が、臓器移植コーディネーターです。

移植コーディネーターとは

a6169e0bf8f536108f82b8cf1f29cd1b_s
臓器移植コーディネーターは、ドナー(提供者)とレシピエント(受給者)を調整して、
移植手術を進める医療専門職であり、臓器移植時は代わりの無い唯一の存在です。
公益社団法人日本臓器移植ネットワークに所属していますが、委託の都道府県コーディネーターがされる場合もあります。
臓器移植コーディネーターの役割では、臓器を提供する側を調整するドナーコーディネーターと、臓器提供を受ける側の調整を行うレシピエントコーディネーターがいます。
どちらのコーディネーターも単独で行動することはなく、病院内で活動する人と社内で働く人でチームを組んで移植の調整を行っていきます。

臓器移植コーディネーターの役割

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s
臓器移植コーディネーターの業務は先述した通り、ドナーコーディネーターとレシピエントコーディネーターに分かれて行います。ドナー側とレシピエント側で事情が違いますのでコーディネーターの役割も変わります。
ドナーコーディネーターは、臓器提供の候補者が現れた際にドナーの御家族に臓器提供の仕組みを詳しく説明し、臓器提供承諾の意思確認を頂けたら、医学的検査の手配や移植チームとの調整を行います。また医学的評価や臓器の移植病院までの搬送、移植手術の立ち会いも行います。

レシピエントコーディネーターは、臓器提供を受ける側として、患者さんやその御家族に説明を行う他に、カウンセリングや退院後の健康チェック、生活指導などのケアを行います。多くの場合、移植病院に所属しているため、院内移植コーディネーターと呼ばれています。

これら以外にもコーディネーターの役割はあり、移植手術が無い時はデスクワークとして
移植手術の報告書の作成やドナー家族との面談、臓器提供の啓蒙活動、病院での勉強会など多くの業務を行っています。

移植コーディネーターになるには

指さす女性
臓器移植コーディネーターは、日本臓器移植ネットワークで募集を行っています。
一時期は不定期に募集を行っていましたが、現在は随時の募集となっています。

応募資格は1~3のうち2点を満たすことです。

1.医療・福祉系で資格を持ち実務経験があるもの。

(医師、正看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、薬剤師、社会福祉士、介護福祉士 など)

2.医療業界での営業経験者。

(製薬会社、医療機器メーカーなど)

3. 4年制大学卒業者

必須資格:普通自動車運転免許

移植コーディネーターは、深夜に緊急総集かかることがあるため、自動車運転免許が必須になっています。

採用試験では、書類審査の後、筆記試験やグループディスカッション、面接を行います。
移植コーディネーターは、資格ではなく日本臓器移植ネットワークに所属するためなのか、一般的な企業での採用試験に近い方法になっています。

ただし、募集人数が年10人程度と医療専門職ではトップレベルの狭き門です。
また採用試験は年1回しか受けることはできません。

笑顔の女の子
臓器移植コーディネーターは、医療福祉系資格があれば成れる専門職ですが、
患者さんや御家族とのやり取りなどで看護師さんが成られることが多いです。
夜間勤務はありませんが、緊急対応時は24時間対応しないといけませんし、
現場も日本全国を飛び回ることもあります。
それでも臓器移植に唯一関われる医療専門職です。
命をつなぎ人の役に立ちたいと思ったらチャレンジしてみてください。