地方に転職して看護師不足を解消


田舎の風景

看護師不足が騒がれている現在の日本ですが、地域によっては人手がしっかり足りているという職場もあります。
なお、看護師不足は都市部よりも地方に集中しているというのが一般的です。
また、同じ都道府県内であっても、都市部と地方では看護師事情に大きな違いがあるのです。
以下では、地方の看護師事情についてお話します。
現在、地方への転職を考えている方や、ゆくゆくは都市部から離れようと考えている方はぜひご参考ください。

都市部に看護師が集中している

看護師男女

前述したように、地方で看護師不足という問題が発生していても、都市部ではそれほど問題視されていないことがあります。
こうした問題は、地方よりも都市部のほうがアクセスや生活が便利であるという点が理由としてあるといえます。
アクセスは出退勤時に非常に重要となるため、多くの方が利便性の高い都市部へ流れてしまうのです。
しかし、こうした現状をプラスに捉えるならば、「転職を有利に進めることができる」という解釈ができます。
地方にある多くの病院や施設が人材を求めていることから、収入面と待遇面ともに良い職場に就きやすくなります。
なお、地方に転職する際はあらかじめ通勤手段を用意しておくことが大切です。
自動車通勤は可能か、またバスは通っているかどうかなどを確認し、通勤手段さえ用意できればアクセス面の問題は難なくクリアできるでしょう。

地方は看護師の需要が高い

患者と看護師

現在、病院やクリニックを受診する高齢者は多くいますが、高齢化社会が進むにつれ、今後その数はさらに増えていくと考えられています。
それに比例し、これら医療機関の需要もさらに高まっていくといえます。
とくに過疎化が進む地方では、今よりもさらに看護師不足に陥ると予想されているため、早急に問題解決に取り組む必要があります。
地方の特徴として、「高齢者が多い」という点が挙げられます。
アクセスが良くほしいものが手に入りやすい都市部を好む若者が多い反面、落ち着いて過ごせるような地方を好む高齢者もまた多くいます。
さらに、高齢者になると介護施設に入居する方も多いことから、地方では病院や施設の需要がそれだけ高いということになります。
それはつまり、看護師の需要が高いことにも繋がります。
需要の高さに比例して病院や施設の数も多い、これは地方で看護師求人を探している方にとっては非常に大きな魅力といえます。

地方で准看護師として働く

笑顔の看護師

正看護師の資格を取得するには長い時間を要します。
この点、准看護師であれば正看護師よりも短期間で資格取得ができるため、少ない負担で資格の取得を目指す方は准看護師を選ぶ傾向にあります。
准看護師は30代以降の方に人気で、資格を取得することで将来的に働き続けることが可能です。
現在、地方で暮らしている方で看護師求人を探している場合は、自身が暮らす街に焦点を当てて求人を探すのも効率的な求人探し方法といえます。
以前と比べて准看護師の求人は少なくなっているものの、人手不足が問題視されている地方では数多くの准看護師求人を見つけることができます。

このように、看護師不足が問題となっている今だからこそ、地方への転職を考えてみるのがおすすめです。
医療WORKERでは都市部と地方どちらの求人も豊富に取り揃えており、さらに准看護師の求人も豊富にあります。
転職先探しとしてぜひご利用ください。