在職中か離職後か。看護師が転職活動を始める時期について


電話をかける女性

看護師は一般職に比べ、交代制やシフト制等で仕事が忙しいため、転職活動を始めようと思ってもなかなか動き始めることが出来ずに我慢の限界まで働き、仕事を辞めてから転職活動を始めた、という話をまわりの方から聞くことがあると思います。

ここでは、「在職中の転職活動」、「離職してからの転職活動」両方のメリット・デメリットを紹介していきますので、自分に合った転職活動のタイミングを見極めていただければと思います。

転職のスケジュール組みをする

悩む看護師

まず自分の現在の職場状況を一つ一つ確認してみましょう。

「シフト制か固定休みか」、「シフト制の場合、希望休が通りやすいか」、「有休が使えるか」です。

そして、次に希望する求人の採用試験日や回数を確認しましょう。

大きい病院や施設、企業では面接の日程が決まっていたり、採用試験が複数回ある場合があります。

もちろん、一か所だけではなく複数か所、同時進行で採用試験を受ける場合は、全日程込でのスケジュール組みを行わなければなりません。

また内定からいつまでに内定承諾・辞退の返事をしなければいけないか、入職予定日も併せて確認してください。

ここから在職中から採用試験が受けられるのか、受けられないのかを判断をしてみましょう。

「在職中」から転職活動を始めるメリット・デメリット

笑顔の看護師

在職中から転職活動を始める大きなメリットは、転職にあたり仕事をしていない期間をあけずに済むという事です。

間があかない場合は、給与が途切れることなく支給されることの他に、役所での健康保険・年金の切り替え手続きが不要となることもメリットの一つです。

デメリットとしては、先に内定を貰い、現在の職場へ退職の意向を伝えたところ、退職交渉がうまくいかず、退職が出来ない、という点です。

病院・施設側も看護師が内定承諾後、入職準備中に退職が出来なかったので辞退させて欲しい、というケースが多いため、面接時に現在の職場に退職の意向は伝えているか、時期は確定しているか、と非常に詳しく聞かれることが多いです。

そのため、ある程度転職の時期や転職先が見えてきた際には、現在の職場に相談をしてみたり、他の退職希望者の動き等を確認してみましょう。

また、在職中から転職活動を始める場合と離職してからとの大きな違いはゆっくり準備できないところにあります。

どうしても現在の職場と両立しながらの活動になるため、応募書類の準備や面接対策が間に合わずに不採用、ということにならないよう、在職中から転職活動を始める際は余裕を持って準備することが大事です。

「離職してから」転職活動を始めるメリット・デメリット

悩む女性

離職してから転職活動を始める場合は、転職活動を第一に考えて準備できますので、圧倒的に在職中とは使える時間が増え、その分、希望に近い求人も見つかり内定率も上がるという点が大きなメリットです。

デメリットはやはり仕事をしていない、収入がない期間が発生してしまう、という事です。

雇用保険も自己都合退職の場合3ヵ月の給付制限期間がありますので、その間は無給となります。

もし、離職してからしか採用試験に行けないが出来るだけ間をあけずに就職したいという場合は、転職活動自体は離職する前からスタートし、残すは採用試験という状態で離職する、という方法もありますので、スケジュール組みをしタイミングを見極めてみましょう。

転職活動は非常に労力のいる事なので、在職中にスタートすることが出来なかったり、限界まで働いてから離職し焦って入職して失敗したりしてしまうケースも少なくありません。

そうならないよう、自分に合ったタイミングで、より希望に近い就職先に入職できるよう転職活動を始めていただければと思います。