回復期リハビリテーション病棟で働く看護師のスキル


回診中

回復期リハビリテーション病棟で求められる看護師さんのスキルは一般病棟とは少し異なります。

では、どういったスキルが必要になるのか、本コラムでまとめてみました。

回復期リハビリテーション病棟とは?

点滴

そもそも回復期リハビリテーション病棟とは、命の危険に関わる事故や怪我を脱したが、自宅へ戻り今まで通りの元の生活を取り戻すことが困難な患者さんを対象として受け入れています。

そして医師や看護師、作業療法士、理学療法士などの多くの医療専門職がチーム一丸となって集中的なリハビリテーションを行い、体だけでなく心のケアも行いながら心身ともに元気で回復した状態で自宅へ戻れるようにすることを目的とした病棟です。

必要な看護師のスキルとは?

男性看護師と女性看護師

看護技術

患者さんの服薬管理やバイタルチェックなど、看護師として一般的に行われる業務が中心となり、1人1人の患者さんの容態を把握し管理していくことが主な仕事内容です。

しかし、リハビリテーション病棟は快方に向かう患者さんを扱うため、急性期と違い容体の急変にバタバタすることは少なく、医療処置を必要とする患者さんが少ないことが特徴です。

そのため、点滴やルート管理、処置や手術、モニターや人工呼吸器といった機器管理などのような看護技術の経験は一般病棟より少なくなるため、新卒の看護師はリハビリ病棟向きではないと思われます。

介護技術

上記で紹介したように、リハビリテーション病棟は医療処置を必要とする患者さんが少ない分、介護技術を必要とする現場です。

思うように身体が十分に動かない患者さんに対し日常生活の介助を行っていきます。

また、食事介助や入浴介助、排せつ介助、車椅子への移乗など病棟生活を送る患者さんの生活を全面的にサポートしていくため、このような介護技術が必要なのです。

体力

スキル面以外で必要なものは、とにかく体力です。

他の病棟に比べリハビリテーション病棟は、体力勝負の現場になります。

上記のように、看護ケアよりも介護ケアが多くなるリハビリテーション病棟では、患者さんの日常生活のサポートをしていくことがメインになるため、入浴介助や排せつ介助、車椅子への移乗等を通して患者さんの身体を起こすことや持ち上げること、支える機会が多くなり、力仕事が一般病棟に比べ多くなります。

体力や腕力、なおかつ腰が丈夫でないとなかなか続けられない、非常に体力面でハードな病棟です。

コミュニケーション能力

患者さんは1日も早く自宅や社会への復帰を願いながら日々リハビリと健闘をしています。

そのような日々の中で、リハビリが思うようにいかないことや、自由に動かない身体にイライラする患者さんも多いため、そのような患者さんを前向きに、そして焦らずリハビリと向き合えるように言葉をかけ精神面でサポートしていくことも看護師の重要な役割です。

患者さんと深い関係で接する機会の多い回復期リハビリテーション病棟の看護師には、コミュニケーション能力も求められるのです。

どのような時でも患者さんがリハビリと前向きに向き合えるような環境を作り、明るく支える姿勢が重要です。

体力が求められる職場ではありますが、患者さんがリハビリにより回復していく姿を見ることにやりがいを感じる看護師さんも多いことでしょう。

そういったやりがいを感じる職場に転職したい看護師さんは、ぜひ医療ワーカーまでご相談ください。