呼吸器科で習得できる看護師としてのスキル


退院

呼吸器科では、呼吸疾患に関する知識から、感染症予防の知識やスキルなど、幅広い知識やスキルを身に付けることが出来ます。

ここでは呼吸器科で看護師さんが習得できるスキルを具体的にご紹介します。

呼吸器内科と呼吸器外科

話し中の看護師

呼吸器科は二種類に分かれます。

呼吸器内科は、肺炎や気管支喘息、インフルエンザなどの治療を行い、主に薬で治していく治療を行います。

最近では、化学療法や免疫抑制療法なども広くとり入れられています。

呼吸器外科は、縦隔腫瘍・外傷気胸などの治療を行い、手術や放射線治療薬を行う治療が主となります。

また、呼吸器科系の代表的な疾患である肺がんは、内科・外科共に取り扱います。

呼吸器科の看護師の職場

錠剤

呼吸器科の看護師の主な職場は、
・病棟
・外来
・オペ室
の3つあり、一般的な注射や点滴、採決などの処置や医師や患者さんの介助をしながら、酸素療法の補助のような呼吸器ならではの仕事も行います。

呼吸器科で習得できるスキル

空を見上げる看護師と医師

呼吸器疾患に関する知識

呼吸がしにくい患者に対しては、ナザールやベンチュリーマスク、人工呼吸器等を使い分けて酸素療法を行います。

そのため、酸素療法の知識とスキルが習得できます。

また、肺がん患者と接する機会も多いので、がん看護のスキルも習得できます。

診断から終末期の各ステージにて、適切な看護とメンタルケアが提供できるようになります。

急変する患者が多いため、異常兆候を発見し早めの対処をできるよう、頻繁に患者の状態をチェックすることも大切です。

呼吸がしにくい患者が多く、コミュニケーションをとることが困難になるケースもあります。

患者の意図を敏感に察知し、汲み取りながら寄り添った看護をすることも大切なスキルとなります。

感染症予防の知識とスキル

インフルエンザなどの感染症の疾患を扱うのも呼吸器の特徴であり、院内感染対策等の実践的なスキルを習得することが出来ます。

近年では、慢性閉塞性肺疾患にかかる患者が増えている状況です。

これは中高年に多く見られる病気であり、高齢者の患者が増えてきていると言えるでしょう。

この疾患にかかる大きな原因に、タバコがあり、禁煙指導や生活指導といった病状の回復のための指導も看護師が行います。

高齢者は、現在かかっている疾患以外に持病や認知症を患っている場合もあり、心臓や骨など衰えている部分が多いです。

そのため、専門領域だけでなく常に全身状態を気にかけ、対応するスキルも求められます。

呼吸器科は、看護師の処置や対話によって患者の呼吸の状態を改善し、ひいては全身の状態も改善させることも看護師のスキルとなります。

柔軟性のある幅広い対応力

小児科から高齢患者まで幅広い世代を扱う診療科でもあるので、様々な患者に対して柔軟な対応力が必要となります。

軽い風邪から肺がん等、幅広い疾患の診療を行うため、一般的な注射や投薬管理だけでなく、抗がん剤治療の介助や副作用のケアを行うこともあります。

そのため、がん知識や副作用の知識も習得できる環境と言えます。

医療ワーカーでは呼吸器科の求人も扱っております。転職をお考えの看護師さんはぜひご相談ください。