消化器外科で習得できる看護師としてのスキル


4人の看護師

消化器外科の診療領域は食道、胃、膵臓、小腸、大腸、肝臓、脾臓、胆嚢などの消化・吸収にかかわる全ての臓器になります。

看護師の業務内容は、食事の介助やバイタルの管理、採血、点滴といった一般業務の他に、消化器外科で働く看護師の大切な業務である手術前後患者の事前説明や患者状態把握、経過観察などになります。

ここでは消化器外科で働く看護師に必要なスキル、習得できるスキルはどのようなものなのか?転職をお考えの看護師に向けてお話しいたします。

消化器外科で求められるスキル

話している看護師

消化器外科は、消化器系の疾病の手術を行うため入院患者が多いのが特徴です。

また、がん患者と接する機会も多く、抗がん剤による化学療法を行うので専門的な知識・技術が必要となります。抗がん剤を使用すると副作用が懸念されます。

頭痛、貧血、下痢、脱毛など、様々な副作用の発現を観察し、医師や他科との連携を図った上で、患者の状態に応じて適切に対処する必要があります。

また、手術に対して不安を持っているのは患者だけでなく家族も同じです。そのため正しい知識で説明を行い、両者の不安を取り除いてあげる精神的なケアが必要になります。

消化器外科で習得できるスキル

微笑する看護師

消化器外科では、病状の早期発見のためにCTやレントゲン、内視鏡の検査を行うので幅広いスキルが身に付きます。

また、抗がん剤の調剤や投与を行う際には、血管外漏出がないように十分な観察が必要不可欠になります。

診断から慢性期、急性期、終末期とすべての患者のステージと向き合うことができる診療科なので、各ステージの看護技術を習得できるのはもちろんのこと、終末期の患者には寄り添った看護・思いやりの看護が必要なので精神的なケアを目指している看護師さんに向いている診療科といえます。

日本人の死亡要因として一番多いのが「がん」ということもあるため、最新の医療技術・医療機器に触れ、それらに対応していくことでスキルを習得することが出来ます。

小規模病院では場所により、手術件数に大きな差があります。

手術後の看護を学びたいと思っていても、手術件数が少ないと転職した意味がありませんので、スキルアップを目指すなら手術件数は消化器外科を選ぶ上で大きなポイントになります。

お困りの看護師さんはぜひ医療ワーカーにご相談ください。