内視鏡室で習得できる看護師としてのスキル


笑顔の医者と看護師

技術的なスキルが身に付く内視鏡室ですが、具体的にどんな仕事で、何が身に付くのか、なんとなくでしかわからない看護師さんも多いと思います。

ここでは内視鏡室で働く看護師さんが習得できるスキルについてお話しします。

内視鏡室の仕事内容

医者と看護師

内視鏡室の仕事は、病院によってマニュアルが異なることが多いです。

そのため、内視鏡室で働いた経験がある看護師でも職場が変わる際は、新しい職場のマニュアルを1から覚え直す必要があり、勉強が好きで向上心のある、努力ができる看護師さんが向いていると言えるでしょう。

また、内視鏡といえば検査だけのイメージがありましたが、昨今は医療技術の進歩により、内視鏡室を用いた手術も行うようになってきました。

それに伴い、内視鏡の需要も高まっているため、迅速に仕事をこなせるかどうかも、内視鏡室で働く看護師に必要なスキルとなっています。

仕事をてきぱきとこなせるだけではなく、手術前の不安な患者さんに、しっかりと説明をする、不安を取り除いてあげるなど、コミュニケーション能力も重要なスキルです。

内視鏡室で習得できるスキル

医者と看護師

内視鏡室で働くことで習得できるスキルは、他の診療科では得ることのできない、技術的なものが大きいでしょう。

例えば、内視鏡室では大腸カメラなどの医療機器を扱います。

こういった最新医療機器の準備や介助などの業務を通して内視鏡室ならではの勉強ができます。

内視鏡で示される画像のアセスメントや粘膜の切除・焼灼、クリッピング技術などを習得することができます。

今後も需要が高まるであろう内視鏡のスキルを習得した看護師は、将来的にみても重要な存在となるでしょう。

内視鏡の適用範囲も増えており、人体を理解する解剖学的知識も身に付くと言えます。

内視鏡室へ転職する際の注意点

パソコンと聴診器

看護師として色々なことが学べる内視鏡室ですが、勉強会や研修会などをあまり開催しない医療機関や、他の施設で行われる講習会などの案内も行わない病院では、看護師が自分で勉強する場を探す必要があり、看護師のスキルアップは難しくなるでしょう。

同時に、内視鏡技師の資格を持たない看護師に患者の応対以外の仕事を任せない病院もあり、そういったところでもスキルアップは難しくなるかもしれません。

人間ドッグを専門に行う部署やクリニックの場合も、疾病や治療と関わりなく内視鏡検査業務をこなすだけになりがちです。

内視鏡室でしか身に付かないスキルが多いのが、内視鏡室で働くメリットでもあります。

転職の際には、どういった業務を任せられるのかを確認し、将来的にスキルアップが見込める病院を選ぶのも良いかもしれません。

スキルアップを見込める病院がどこかでお悩みの看護師さんは、お気軽に医療ワーカーまでご相談ください。