循環器科で習得できる看護師としてのスキル


患者と看護師

状態が急変する患者さんや、重症である患者さんが多い循環器科で働く看護師さんに身に付くスキルは何なのでしょうか?

ここでは、循環器科で習得できるスキルから業務内容、役割までをご紹介します。

循環器科で習得できるスキル

点滴

循環器科の患者さんは、状態が急変する事や重症である事が大変多いです。

そのため脈拍や血圧といったバイタルサインから異常兆候を読み取り、早期対処や報告連携を行うフィジカルアセスメントが習得できます。

また日常的に心電図や輸液ポンプ、心エコーなどを扱います。

これらの医療機器の操作にも慣れ、特に心電図の読み取りやアセスメントなどの専門スキルも身に付きます。

これらの他にも、バイパス手術やカテーテル治療など、最先端の医療にも触れる機会が増えるので、医療知識や看護知識も身に付く職場と言えるでしょう。

循環器科について

患者と看護師

循環器科には循環器内科と循環器外科があります。薬物療法やカテーテルなどの治療を行う場合は、循環器内科で治療を行います。

開胸手術など大きな手術を行う場合は、循環器外科で治療を行います。また循環器科は、心臓や血管の病気などの疾患を治療対象とする心筋梗塞や心不全、狭心症などの治療を行い、糖尿病や高血圧、動脈硬化、虚血性心疾患などとも深く関わりがあります。

そのため、命に関わる深刻な病気の検査や手術、術後のケアを行うことが多くなります。

循環器科の患者さんの特徴として、慢性疾患が多い事と、生死に関わる重症の患者さんが多い事が挙げられ、慢性疾患の患者さんが多いにも関わらず、その疾患が命に直結する事もあります。

慢性疾患の2つの側面を持った診療科とも言え、さらに、中高年患者の割合が多い事も特徴となります。

循環器科の業務内容

病院の廊下

循環器科の看護師さんの業務内容は、外来やクリニックは医師の診療の補助や準備・後片付け、検査介助、患者への対応が主な業務内容になります。

病棟だとバイタルサインのチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、体位交換などのケア、診療補助などが業務内容です。

また心臓疾患の重症者を対象にした、集中治療を行うCCUでの業務もあります。加えて、心電図や心エコーなど循環器科ならではの医療機器があります。

循環器科で働く場合、心臓に疾患を抱えている患者さんが大変多いため、疾患への理解や異常の早期発見のために、心電図や心エコーを読める事が必要になります。

また、他の診療科よりも医療用語や略語が多く、勤務する施設によって状況の報告の仕方が異なることもあります。

申し送りの型式が独特な場合もあるため、業務に慣れるまで時間がかかることもあるでしょう。

循環器科の役割

OKサインの看護師

 

循環器系の疾患では病状が急変するという事も珍しくはないため、患者さんのちょっとした変化に気付いてあげる事ができる、広い視野を持つ事が重要になります。

また循環器科外科の場合は、循環器科内科と同様の業務のほか、手術前や手術後の患者さんのケアや管理が加わって来ることになります。

看護師が循環器科で働く際の苦労や難しさは、急性期の時には症状があっても、慢性期になって症状がなくなってくると、患者さんは健康になったという認識違いをしてしまうことがあります。

そのため、看護師が生活指導を行っても、こちらの意図が受け入れてもらえないことが多々あります。

例えば心筋梗塞で入院し一命を取り留めた人が、再度入院する、などということは珍しくありません。

それは入院中は規則正しい生活を送っていたのだが、退院し自宅に戻ると、また不健康な生活習慣に戻ってしまい症状が悪化する、という事態が起こってしまうからです。

そのようなことがないように、看護師は入院時からその人に合わせた無理のない生活習慣の改善方法を提案し、指導する必要があります。

自身の観察で異常を発見し重篤な急変を防ぐことができたときや、自分の指導で患者さんの生活習慣が改善し健康な状態を維持されたときに、循環器科の看護師としてのやりがいを感じることができるでしょう。

医療ワーカーでは循環器科の求人も取り扱っております。循環器科へ転職をお考えの看護師さんは、医療ワーカーまでぜひご相談ください。