泌尿器科で働くなら取っておきたい排尿機能検査士


窓辺のコスモス
排尿機能検査士の資格を知っていますか?資格は2004年にできた比較的新しい資格です。
資格の特性上、泌尿器科で働いていないと取得できませんので、知らない看護師さんも多いことでしょう。
今回はこの排尿機能検査士についてまとめます。

そもそも泌尿器科とは

病院の廊下
泌尿器科。学問的には泌尿器科学で、主に尿路系や男性生殖器系の医学を行っています。
尿路系は腎臓、尿管、膀胱、尿道を表し、生殖器系は陰嚢内臓器と陰茎、前立腺などになります。
海外では外科の範疇ですが、日本では皮膚泌尿器科学として外科学から分離されています。(この時の名残で、今も皮膚科の診療をしている医療施設もあります)
主に治療を行う病気として、腎細胞癌、腎盂腎炎、水腎症、尿管腫瘍、膀胱尿管逆流症、
膀胱炎、膀胱癌、前立腺炎、前立腺癌、尿路結石、性病などを診ます。

今回の排尿機能検査士では、膀胱系の検査で力を発揮する資格になります。

排尿機能検査士とは

問診する医者
泌尿器科で働く医者(泌尿器科医)は、一般的な外科や内科とはちょっと違い、
検査の準備から検査の実施、後片付けも行っています。
それでいて、他の科と同じように患者さんへの説明もしますし、検査結果のチェックも行っています。
これはとてもじゃないですが効率が良くありません。
何故こうなっているのかというと、泌尿器系の検査では準備や検査精度に知識と経験が必要としているからです。
この様な非効率を解消するために、排尿機能検査士が2004年に作られました。

排尿機能検査士の役割

白衣の女性
排尿機能検査士の役割は、効率の良くない検査をスムーズに行うことにあります。
泌尿器系検査では以前は神経因性膀胱が多かったのですが、高齢化が進んでおり
排尿障害を抱えた患者さんや、下部部尿路閉塞疾患、尿失禁などの患者さんの検査も
行うようになっており、排尿機能検査士の需要が増えてきています。

また排尿機能検査士は看護師や臨床工学技士がなることが多いのですが、
看護師などが専門的な知識を持つことで、患者さんが医師には言い難い悩みなども引き出せます。

排尿機能検査士の取得方法

セミナー
排尿機能検査士の取得には、他の資格のような試験はありません。

・日本国の正看護師・保健師・助産師・准看護師・臨床検査技師・診療放射線技師・理学療法士・臨床工学士などの医療資格を持つこと
・排尿機能検査に関する活動実績(50例以上)
・コメディカルスタッフとしての人格及び見識を備えていること
・日本泌尿器科学会専門医の推薦があること(学会への加入は不必要)
・指定された排尿機能検査士講習会に参加すること

を全て満たすことで、排尿機能検査士の取得ができます。

資格は5年毎の更新で、講習会に参加しその単位を集めます。

握手する男性
男性女性共にデリケートな悩みになる泌尿器系。
効率が悪く待ち時間が増えてしまうとそれだけで憂鬱になりそうです。
そんな悩みを解消できるのが排尿機能検査士。
まだまだ知名度は低い資格ですが、高齢社会に近づくにつれ排尿機能検査士の需要はますます増えていくでしょう。
泌尿器系で働いているなら是非取得を目指してください。

これからもし泌尿器系で働きたい方は医療Workerにご相談下さいね。