訪問看護で働く看護師の仕事内容とやりがい


医者と看護師

訪問看護は肉体的なケアも行いますが、精神的なサポートが重要な仕事です。
またオールラウンドな知識が必要で、責任も大きい仕事ではありますが、訪問看護ならではのやりがいがあります。
ここでは、訪問看護の仕事内容とやりがいをご紹介します。

訪問看護の仕事内容

ファイルを持つ看護師

訪問看護の仕事内容は、一般的な体調管理と簡単な看護ケアが中心となります。
具体的には、利用者さんの健康状態のチェック、リハビリの補助指導、清拭、入浴介助、排泄、食事など日常生活のサポートや、留置カテーテルの管理や、医療器具の管理と点検、床ずれの処置や予防のための体位変換なども行います。
ドクターの指示による処置も行いますが、訪問看護は診療科目が限定されていないので、オールラウンドに知識を身につける事ができます。
利用者さんに応じて、自分で判断、決断する事で自己のスキルアップに繋がる職場です。

また在宅看護は、利用者さんが住み慣れた環境で医療を継続でき、費用が入院療養よりも安いというメリットはありますが、看護をする家族にとっては負担が大きいというデメリットがあります。
そのような家族に対して、日常生活における注意点や指導、アドバイスをし、精神的にサポートしていく事も重要な仕事です。
訪問看護ではこのような仕事内容を通して、利用者さんが普段通りの生活を継続できるように、清潔で心地よい状態を提供し、また生きる力を失わないように、精神的、肉体的に苦痛を和らげてあげることが大切です。

訪問看護のやりがい

看護師

訪問看護のやりがいは、時間に追われながら複数の患者さんを担当する病院に比べ、長期的な時間の中で利用者さんやその家族との信頼関係を築き、相談に乗りながら、利用者さんと家族の人生に寄り添う事が出来る点です。
そのため、看護師の人間性は重要です。
1日中、家で臥床している利用者さんは自由がなく、束縛感を感じながら看護師さんを待っています。
看護師さんに会うことが喜びや楽しみになるような関係を築く事ができると、身体症状にも良い結果が現れることもあります。
信頼関係を築くのは簡単な事ではないですが、最初は心を開いてくれなかった利用者さんや家族が、関係が密になっていくにつれて、心を開いてくれるのを直接感じられるのは訪問看護ならではのやりがいと言えるでしょう。
また医師は同行しないので、利用者さんの状態を直接見て把握しているのは自分のみです。
責任が大きい分、プレッシャーも大きいですが、高いモチベーションをキープできる要因でもあります。
自分が担当している利用者さんの健康状態が良くなっていくのを、一番近くで直接感じられる点も大きなやりがいの1つです。

医療ワーカーには訪問看護の求人も多くありますので、訪問看護に興味がある看護師さんは是非、ご相談ください。