SCUで働く看護師のお仕事とメリット


資料を見ている女性

SCUとは、脳卒中集中治療室(stroke care unit)の略語を指します。

「脳卒中ケアユニット」や「脳卒中センター」とも呼ばれることがあり、脳卒中を起こした重篤な患者さんに対し、医師や看護師が24時間体制で高度な医療・看護を行うところです。

SCUでは、発病から90日以内の患者さんを対象としているため、長期入院はほとんどなく、ほぼ急性期です。

ここではSCUで働く看護師の仕事内容とメリットをお話しします。

SCUで働く看護師の仕事内容

レントゲン

SCUでは、1人1人の患者さんにふさわしい治療やリハビリを行うため、その人の症状を細かく把握し適切な診断を行う必要があります。

7対1の看護体制である一般病棟と比較し、SCUは3対1の看護体制で動いています。

そのため、1人の患者さんとじっくり向き合える時間を多く持てます。

また、看護師の役割をいくつか挙げてみますと

・脳卒中予防のための治療や点滴の援助する
・脳卒中における意識の程度や、手足のまひの状態や変化を観察・評価する
・評価表を用いて嚥下評価を行い、寝たきりにならないように日常生活を援助する

等があります。

SCUで働く看護師に求めるスキル

夜勤中の看護師

コミュニケーション能力が高い人

患者さんとコミュニケーションをとることで、1人1人の病態をより早く詳しく把握することができます。

観察力がある人

脳卒中の観察で大切なのは、神経徴候の観察です。客観視できる数値が出ないため、意識レベルの低下や、異常をどれだけ早く気付くことができるかが重要な仕事になります。

日々状態が変化する患者さんの病態を理解し、今後引き起こされる可能性がある症状を予測しながら観察する必要があります。

冷静な判断、対応ができる人

脳卒中が発症した直後は非常に危険なため、医師の指示を待つだけではなく、看護師側も何が必要かを自ら考えて看護する必要があります。

また医師の指示を冷静に判断し対応する力も求められます。

協調性、チームワーク力がある人

他の職種と細やかに連携を図ることで、看護師自身の知識・技術向上にも早く繋がり、患者さんの早期退院、社会復帰に貢献できます。

SCUで働くメリット

白衣の女性12

患者さんとじっくり向き合う時間が多い

患者さんに合ったリハビリテーションも行うため、患者さんの回復を目の当たりにできることは嬉しいことだと思います。

またリハビリテーションの知識も身に付き、介護関係に興味がある人にとっては、リハビリの経験値が上がる事はメリットとなります。

高度なスキルが身に付く

脳卒中を専門としているため、研修や教育体制が充実しており、高度なスキルや知識が身に付き年収アップも期待できます。

今後の転職も有利に

脳卒中は近年死亡率が高まっているため、専門知識がある看護師を求める病院も増えてきています。

患者さんとじっくり向き合いたい、スキルを身につけたい看護師さんにはおすすめの職場です。転職をお考えの方は医療ワーカーまでご相談ください。