介護施設で働く~定時終業が基本~


看護師と車椅子の男性

看護師が働ける場所として、介護施設があります。
病院やクリニックなどで働いてきた人が介護施設へ転職することが多く、求人も増えてきています。
超高齢化社会が進みつつあることから、介護施設や有料老人ホームも増加しており、そこで働く看護師の需要もどんどん高くなってきています。
ここでは、介護施設へ転職したときの仕事内容やメリットについてご紹介します。

介護施設で働く

看護師と車椅子の男性

介護施設には、「介護老人保健施設」、「特別養護老人ホーム」、「有料老人ホーム」といった種類があり、それぞれ働く場所によって24時間体制であったり夜勤なしであったり様々な違いがあります。
家庭を持つ看護師であれば夜勤のない施設、時間を気にせず働きたいという看護師は24時間体制の施設など、生活に合わせて選ぶことができます。
介護施設で働く看護師は、施設利用者へのケアや指導、急変したときの看護、介護福祉士への指導など様々な仕事を行います。
治療や処置を行うというよりは、施設利用者のケアが主な仕事です。
利用者と会話をしながら健康状態を確認したり管理したりすることがほとんどですが、その他にも、介護福祉士と協力して利用者が生活しやすい環境を整えるといったサポートも行っていきます。
もしも利用者の体調に急変が起きた場合には、中心になって指示を出す、医師に連絡を取るなど、素早い判断が求められます。
看護師の人数が少ない施設が多いため大変なことはありますが、その分やりがいを感じられるお仕事です。

介護施設で働くメリット

真剣な顔の看護師

施設によって異なりますが、夜勤がなく定時で上がることが可能な介護施設はたくさんあります。
病院で忙しく働くよりも、自分のペースでゆっくりと働きたいという看護師が介護施設への転職を希望しているようです。
特に、出産や育児をしたあとに復帰する場としても、介護施設は人気を集めています。
また、介護施設では、現場で仕事をしながら介護の知識を学ぶことができます。
介護は誰もがいずれ経験することになるため、覚えておいて損はありません。
それに魅力を感じ、介護施設への転職を考える看護師も多くいます。
そして、介護施設では、病院では関わることの少ない介護福祉士やケースワーカーなどと一緒に仕事をすることができます。
様々な専門職のことを知る機会に恵まれるため、将来のステップアップにつなげることも可能です。

介護施設への転職がおすすめの人

看護師と男性

介護施設の求人を探している看護師は多いもの。
ですが、仕事が自分に適していなければ働くのことを苦に感じてしまうことがあります。
この仕事に適しているのは、やはり高齢者と接するのが好きな人です。
利用者は全員高齢者。
そのため、高齢者と話すのが好きだという人の方が楽しく仕事に打ち込めるでしょう。
また、介護をすることに対しても積極的でなければなりません。
介護施設での業務には、介護業務も含まれているということを頭に入れておきましょう。

こういったことから、高齢者と接するのが好きな人や介護の仕事にも興味がある人などは、介護施設への転職を考えてみるのもよいかもしれません。
また、この仕事には残業や夜勤がないため、家庭を持つ人にもおすすめです。
介護施設の求人は、施設によって業務内容や待遇が異なります。
転職を考える際に、どういった仕事をするのか、勤務時間帯は融通が利くのかなど、自分の希望に適しているのか事前に確認しましょう。
キャリアアップ、スキルアップのためにも、自分に適した施設を探しましょう。