看護師が個人病院で働くメリット


患者に笑いかける看護師

個人病院は大学病院や総合病院のように規模が大きくなく、個人が経営しているため比較的規模が小さくなります。

ここでは看護師が個人病院で働くメリットをご紹介します。

個人病院で働くメリット

診療科目の看板
個人病院の勤務時間は、入院設備がないところは日勤帯のみがほとんどであり、休みも固定されているため、働く条件も選択しやすく比較的働きやすい傾向があります。

体力的に夜勤はきつくなってきたが、看護師としての仕事を続けたいという方に個人病院はおすすめかもしれません。

また個人病院は街中など通勤に便利な場所にあることが多いです。

自宅と通勤場所、子供の幼稚園などからも近い場合もあり、日勤帯のみの勤務、休みも決まっている点からも考えて、家庭と両立させたい看護師さんに働きやすい環境と言えるでしょう。

個人病院では重症な患者さんはあまりいらっしゃらないので、急変が少なく肉体的、精神的にも負担が少ない傾向にあります。

また病院や総合病院など人数が多い病院は、派閥などが生まれ人間関係が大変・・という方もいるのではないでしょうか。

個人病院は人数が少ないため、そういった人間関係に悩まされる機会も減る可能性があります。

院長先生の経営方針と自分の仕事への方針がしっかり合えば、看護師さんにとって素晴らしい職場になるでしょう。

また様々な部に配属される大学病院や総合病院と違って、個人病院は自分が希望する診療科を選ぶことができます。自分が行いたい診療科を選択し、看護スキルを向上させることも可能です。

個人病院で働くデメリット

遠くを見ている看護師2人

個人病院は規模が小さいので勤務しているスタッフの人数も少なくなります。

個人病院は落ち着いていて楽、というイメージも持っておられる方もいますが、実際は看護師の人数が少ないので一人に対しての仕事量は多くなります。

看護師としての仕事だけでなく事務作業もあるため、様々な仕事を多くこなす必要がありますが、自身のスキルアップを考えている看護師さんにとってはこちらもメリットの1つとなるでしょう。

医療ワーカーでは個人病院の求人も取り扱っております。

個人病院への転職をお考えの看護師さんは是非ご相談ください。