有料老人ホームで働く看護師のメリット・デメリット


車椅子の男性と看護師

有料老人ホームは、看護師が介護施設で働く中ではかなり高収入な仕事となります。
年収が500万円以上となる看護師も多数おり、人気の仕事です。
高収入の理由は、主に社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な特別養護老人ホームとは異なり、有料老人ホームの場合は主に民間の企業が運営していて、入居者が高額な料金を支払って利用するという点にあります。
高額なだけあり、設備が充実している施設が多いため、ホテルのような快適性をもつところがあるのも特徴的です。
そんな一見良いとこ尽くしに見える有料老人ホームのメリット、デメリットを紹介していきます。

有料老人ホームで働くメリット

笑顔の男女

まず有料老人ホームで働くメリットは、大きくわけて2つあります。1つは、看護師としての仕事が比較的楽な点です。
特別養護老人ホームの場合、寝たきりの入居者も少なくなく、介護依存度が高くなってしまうことが多いのですが、有料老人ホームの場合は重篤な入居者が少ないため、主な業務は入居者の健康診断となります。
高度な医療行為を要求されることはなく、あるとすれば入居者に付き添い病院へ行く程度で、その判断は看護師が行います。
もう1つは、日勤帯のみの勤務でも収入が高額になる点です。
最初にも述べたように、有料老人ホームで勤務する看護師の平均年収は高いです。
それは日勤帯のみの勤務でも同じです。
また、有料老人ホームの場合、昼間は看護師が駐在していても夜間は規定がないため、日勤帯のみという施設も少なくありません。
入居者の様態が急に悪くなるなどしない限り、残業も少なく、働きやすいという点も大きな魅力の一つです。

有料老人ホームで働くデメリット

悩む看護師

デメリットはどういう点かと言いますと、大きく2つあります。まず1つに、看護師業務以外に介護の仕事がある点があげられます。
多くの場合有料老人ホームで働いているのは介護士で、看護師は少数です。
そうなると、看護師であっても介護士の仕事を手伝う機会が多く、看護の仕事に専念できない場合が多くなります。
もう1つは、看護師としてのスキルアップが難しい点です。
有料老人ホームで看護師の行う仕事は、医療行為というよりも、入居者の健康管理が主となります。
そのため、看護師としてのスキルアップは当然難しくなり、また病院などで行われる研修や勉強会などもないため、最先端の医療知識を身に着けようとするならば、独学が必要不可欠になります。

以上が有料老人ホームで働く際のメリット、デメリットです。
看護師として最前線で働いていきたい人には物足りない環境かもしれませんが、プライベートを重視したい方や、出産などでブランクがある看護師さんにはおすすめの環境です。