外来勤務の特徴と看護師が働くメリット


資料を持っている看護師

風邪や怪我をした時、私たちは病院へいき診察・治療を受けます。

そんな時、対応をしてくれるのが「外来勤務」で働く看護師さんです。

ここでは外来勤務で働く特徴とメリットについてお話します。

外来勤務の仕事内容

診察中の医師

外来とは、自身の健康状態に異常を感じた人が日帰りで診察・治療を受ける場所であり、入院せず日帰りをする患者を外来患者と呼びます。

外来看護師の業務は、予約状況の確認や診療前後の準備・処置や採血・点滴、カルテ処理等の事務作業など幅広い業務を行います。

その他にも、医師の診察の結果、手術・入院などが必要と判断された場合には、病棟の看護師への申し送りも重要な仕事となるため、患者の状態をしっかり把握し、漏れなく伝えることも必要になります。

病棟勤務との違い

薬

外来勤務は、病棟で働く看護師と比較すると、患者と向き合う時間が短いといった特徴があります。

治療の入り口である外来では、毎日たくさんの人が出入りします。

一度で診療を終えてしまう人や在宅医療で済む人、緊急性があり入院する人など多種多様な方々がいらっしゃいます。

一度しか会わない人もいるため、患者さんとの関わりは浅くなり、一人の患者に対しじっくり向き合う看護とは大きな違いがあります。

また外来勤務では患者を長時間、待たせてしまうことも多々あります。

そうなると、患者は不満を持ってしまうので、そのストレスを軽減するためにも、待ち時間が長い患者への声掛けなどの気配りや、クレーム対応も大切なお仕事になります。

また患者の不安からくる質問には丁寧かつ的確に答える知識と、高いコミュケーション能力や思いやりのある対応も求められます

外来勤務で働く看護師のメリット

笑顔の医師と看護師

外来勤務は、病棟勤務と違って夜勤がなく基本的に日勤のお仕事になります。

そのため、プライベートの予定も組み易く、結婚してお子様がいらっしゃる方も家庭と仕事の両立がしやすく、家族と過ごす時間を確保することができます。

夜勤もないため、生活リズムを変えずに働くことができるのも大きな魅力です。

また日勤でも正社員で働くことができるため、福利厚生にも期待できたりと人気の職場の一つになります。

外来勤務のイメージとして、仕事が楽ということがあると思います。

しかし、そんなことはありません。

ほとんど立ちっぱなしであるため、足腰にきたりと体力的な負担やカルテや伝票整理などの事務作業、入れ替わりが激しい中で様々な患者の対応であったり、病棟と連携したり、と一日の仕事を時間内にこなすのは非常に大変です。

また外来看護師は病院の顔です。

患者への対応そのものが病院の印象を左右します。

常に笑顔で丁寧な対応をする必要があるので、気疲れする方も多いです。

以上、外来勤務の特徴とメリットをお話ししました。

自身のライフスタイルや性格部分などを加味し、自身にあった場所をお探しください。

お悩みの際はお気軽に医療ワーカーまでご相談ください。