看護師視点で見る、大学病院と一般病院の違い


病院の待合室

大学病院と一般病院にはそれぞれ特徴があり、大学病院は一般的に忙しいと言われています。
その分、待遇もよく、研修制度も充実しており、スキルアップを考えている方に向いています。
反対に、一般病院では任される業務が幅広く、実践を通じて様々なスキルを身につけることができます。
こちら以外にも、大学病院、一般病院には違いがいくつかあり、ここではその違いをお話ししていきます。

大学病院と一般病院の違い

車椅子の患者と医師と看護師

大学病院には大きく2つの目的があります。

①治療行為の他に最新の病気や治療法の研究
②研修医を受入れ教育する医師の育成

大学病院は最新の機器が揃っており、またそれぞれの病気に対して専門の医師が多く働いています。
手術のスケールも大きいものが多いため、難病の完治を求め、地方からやってくる患者さんの数も多いです。
また一般病院とは違い、意識不明の急患も多く、一秒が命に深く関わるため、専門の医師にしたがって看護師は動くという傾向にあります。
患者さんへの術後のフォローも医師主導で行い、看護師はそのフォローにまわることが多くなります。
一方、一般病院の看護師は、ある程度自分で考え動き、患者さんに対してのアフターフォローも看護師主体で行います。

大学病院でのメリットと一般病院でのデメリット

注射器

大学病院で働く看護師のメリットとしては、看護師としてのスキルアップに最適な職場であることです。
それは大学病院では、新人看護師や経験を積んだ看護師などへの研修制度が充実しているからです。
また、最新の医療機器を導入しているため、常に最先端の医療の現場を経験出来るというメリットもあります。
一般病院では研修制度が整っていないところもあり、そこがデメリットになる可能性があります。
給与面に関しても、一般病院より大学病院の方が高給与ですし、何より看護師に対するサポートが充実しています。
たとえば、子供が小さく、なかなか働きにくい母親看護師のための託児所、独身の人のための寮など福利厚生も充実していると言えます。
逆に一般病院は、人数も少ないため任される範囲が広く、福利厚生も充実しているところはそれほど多くはありません。

大学病院のデメリットと一般病院のメリット

医者と看護師

大学病院のデメリットとしては、仕事がハードな点です。救急で入ってくる患者さんが多いため、いつでも24時間体制です。
また、このように普段の勤務も忙しいのに加え、知識、技術向上のための研修や講習会、勉強会などがあり、自由な時間が少ないのがデメリットとなっています。
一般病院では、研修制度などはあまり充実はしていませんが、実践を通じて看護師のスキルは上がっていきます。
また大学病院では、患者さんの治療は医師が主導で見るため、看護師は一人一人の患者さんに向き合うことが少なくなります。
一方、一般病院では忙しい中でも、患者さんとのコミュニケーションが取りやすく、患者さんから感謝される事が身近になるため、やりがいを感じられる事が多いでしょう。
また大学病院では人数が多いため、その中での人間関係構築が難しいケースがあります。
その点で一般病院は人数が少なく、人間関係が構築されやすい傾向にあります。

医療ワーカーでは大学病院、一般病院の両方の求人を扱っております。転職のお悩みの方は是非、ご相談ください。