病院で働く看護師の特徴 ~スキルアップへの近道~


ナースステーション

看護師は、病院だけでなく介護施設や企業で働くこともあります。
様々な場所で勤務することができるため、自分に適した求人を選べるのも看護師の魅力のひとつです。
その中でも、病院で働くことは自分のスキルアップに繋がるため、今よりももっと成長したいと転職を考えている人にとって、よい職場だといわれています。
看護学校を卒業して働く人も、「技術を高めたい」、「経験を積みたい」と考えているなら、病院で看護師として働くことをおすすめします。

病院での仕事内容

患者と看護師

病院で働くためには、看護師の仕事全般が求められます。
採血や点滴はもちろん、患者さんの体位を変えたり、排泄物の処理を行ったりすることもあります。
場合によっては病室の掃除をすることも。
特に、看護師やスタッフなどの人数が少ない一般病院ではありとあらゆる業務を担当する必要があります。
200床を超えるような総合病院や大学病院などでは、研修医が採血や点滴を行う場合もあります。
同じ病院でも規模の違いで業務内容に変動がありますし、外来か病棟のどちらを選ぶかによっても勤務内容には違いが生まれます。
配属先を多様な診療科からを選ぶことができる場合もあり、今までの経験を活かした仕事はもちろん、新たな知識を取得することも可能です。

病院で働くメリット

病室のベッド

介護施設や企業で働くのではなく、病院で働くことには様々な独自の利点があります。
ここでは、病院に勤務することで得られるメリットについてご紹介します。

・スキルアップができる

病院と一言に言っても一般的な病院から大規模な総合病院まで幅広い種類の施設があります。
施設によっては、多くの診療科を経験し、様々な知識を身につけることも、専門的な知識を身につけることも可能です。
どちらの場合も多様なスキルが身につくため、将来的に転職をする際にも有利に働くことでしょう。

・高度な医療に触れられる

大学病院や公立病院などの大規模な病院では、最先端の医療技術に触れることができます。
個人経営の小さなクリニックなどでは医療機器が揃っていないところも多く、高度な治療を必要とする患者さんは総合病院などに移ってもらいます。
そのため、なかなか間近で高度な医療を見ることはできません。
また、大学病院では様々な勉強会や教育制度を行っているところも多く、最新の技術について学ぶことも可能です。
そのため、患者さんにより良い治療を受けてもらうための知識を身につけることもできます。

・待遇がよい

クリニックや介護施設などで働くよりも、病院で働くほうが待遇のよい場合が多々あります。
病院によって給料等に変動はありますが、大規模な病院ではほとんどが高水準の給料だといわれています。
待遇がよいということもあり、数ある看護師求人の中でも、病院の求人は人気があります。

このように、病院で働くと様々なメリットがあります。
看護師の求人は年々増えてきており、多くの病院が求人募集しています。
転職を考える看護師も多いことから、ニーズに合わせた待遇に変化している病院もあるのです。
多くの求人から自分に適した病院を見つけるのは大変かもしれませんが、よい病院に転職するためには、妥協をしないことが大切です。