病棟で働く看護師の特徴とメリット


微笑の看護師

病棟看護師という言葉をご存知でしょうか。

病院に行くと、たくさんの看護師さんにお会いすると思いますが、病院で働いている大半の看護師さんはこの病棟看護師になります。

ここでは病棟看護師の特徴とメリットをお話しします。

病棟看護師の仕事内容

病院内

病棟看護師の仕事内容は、主に入院している患者さんの体調の確認、メンタルのケア、手術の際はその補助など、多岐にわたります。

また、こういった技術以外でも、医師や看護師同士での意思疎通、連携が必要な仕事なので、コミュニケーション能力が必要とされる仕事でもあります。

病棟看護師のメリット

資料を見ている医師と看護師

病棟で働くメリットとしては、受け持ちの患者が決まっている、勤務時間内は自分のプランで仕事ができる、看護師としてのキャリアがつめる、などがあります。

病棟看護師だと入院患者がいるので、入院患者を受け持つことで、担当する患者と人数が決まるため、病状の把握など情報収集がしやすくなります。

また、勤務時間内は自分で立てたプランに従って仕事を進めることが出来ます。

仕事も多く、同じ患者を継続担当することが多いため、看護師としての勉強になりスキルアップがのぞめると考える看護師さんも多くいます。

また、夜勤があるためお給料も高めの場合が多いです。

病棟看護師のデメリット

夜の待合室

病棟看護師のデメリットは、夜勤や深夜勤があり体力的に厳しいと感じる看護師さんも少なくないこと、シフト制のため休日が不規則なこと、常にナースコールに対応しなければならないこと、などがあげられます。

特に夜勤や深夜勤に関しては体力面だけではなく精神的にも厳しく、クリニックなど夜勤がないところに転職を考える看護師さんも少なくありません。

常にナースコールへの対応が求められる緊張感や、入院患者のプライベート部分への関わりが求められるなど、精神面でのプレッシャーも多くあります。

しかし、このプレッシャーも人や職場によって変わってきますので、メリット、デメリットと特徴をおさえた上で仕事を探すことが良い職場に出会える鍵になると思います。

転職でお悩みの際は、遠慮なく医療ワーカーまでご相談ください。