ホスピスで働く看護師の役割


バインダーを見る医者と看護師

ホスピスとは、癌などの重症・末期症状患者の看取り、終末期ケア(ターミナルケア)を行う施設を指します。緩和ケア、終末期看護、ターミナルケア、パリアティブケアと呼ばれる事もあります。ホスピスといっても、病院内病棟型ホスピス・病院内独立型ホスピス・完全独立型ホスピス・在宅ホスピスなど細かく分類されますが、ここではまとめて、ホスピスの大まかな役割をご紹介します。

ホスピスの仕事内容

患者と看護師

ホスピスの仕事内容は一般的な医療行為と包括的な心のケアです。具体的には、身体を自由に動かせない高齢の患者さんが多いことや合併症を抱える患者さんが多いことから、移動・食事・排泄の介助を行います。また治癒の見込みのない病状の患者さんや、その患者さんを支えている家族に対して、少しでも快適な生活を過ごせるようケア・サポートなども行います。ドクターの指示のもと、一般では使用しない麻酔や痛み止めを使用することもあります。それらに対する知識や使用経験を積み重ねる事で、自己のスキルアップに繋げることができます。またホスピスは余命宣告を受けた患者さんが入所する場所であるため、痛みや苦しみを取り除く緩和ケア以外の積極的治療は行わない、という特徴があります。そのため、最後を迎えるまで出来るだけ穏やかな日々を過ごせるように、患者さん一人一人とじっくり向き合い、また患者さんの意思を尊重して、精神面、身体的に苦痛を緩和してあげる事が大切です。

ホスピスのやりがい

患者と看護師

ホスピスのやりがいは、業務に追われてしまう一般の病院などで勤務している場合と比べ、患者さんやその家族とじっくり関わりながら、看護を提供する事ができます。そのため、一人一人の患者さんに寄り添った看護を提供したい看護師さんには向いていてると言えるでしょう。ただし、苦痛と常に隣り合わせの患者さんはうつ病を併発していたり、なかなか前向きになれない方も多くいます。看護師が努力をしても結果が付いてこない事が、大きなストレスになることもあるかもしれません。しかしそのような環境で、自分のできる事を行い、患者さんのケアをもっと行いたいと考えている看護師であれば、やりがいを見出していく事ができます。最後の時に至るまで、患者さんの事を考えて看護を行うので、自分の死生感を持つ事ができる点も大きなやりがいの一つです。

患者さんとじっくり向き合い、看護を提供したい看護師さんには、ホスピスでの勤務にやりがいを感じられることでしょう。ホスピスへの転職のお考えの看護師さんはぜひ医療ワーカーまでご相談ください。