地域包括支援センターで働く看護師の特徴


受付の女性

地域包括支援センターをご存知でしょうか。
地域で暮らす高齢者の方々が、住み慣れた場所で生活できるよう支援する施設です。
保健師や看護師、社会福祉士、主任介護支援専門員などの方々が働くことができます。

地域包括支援センターとは

パソコンを使っている看護師

 

地域包括支援センターは、2005年の介護保険法により定められました。
「地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とする施設」(介護保険法第 115 条の 45)に基づき、地域に住む住民の福祉や医療の向上、各虐待防止、介護予防などを総合的に行う公的機関です。
法律上は公的である地域支援事業ですが、外部委託も可能になっています。
基本的な考えは、厚生労働省が行っている在宅介護支援から始まっていますが、介護ではなく予防を主軸に置いています。

地域包括支援センターの業務内容

ファイルを見る看護師

介護予防ケアマネジメント

地域支援事業を利用していただくための計画と、要支援と認定された方が対象となる介護予防サービスを効果的に利用するための計画を、本人や家族と相談しながら作成します。

包括的継続的ケアマネジメント

高齢者の方が安心して暮らしていけるように、様々な機関との連携を十分に図るためのネットワーク作りを行います。

総合相談支援

介護保険や地域支援事業、介護予防サービスに関することだけでなく、保健・福祉・医療やその他生活に関する様々な相談を受けます。

権利擁護

高齢者に対する虐待の防止、認知症高齢者見守りのためのネットワーク作り、成年後見制度を利用するための手続きの支援等を行います。

この中で、看護師が関わるのは、介護予防サービスの計画作成や、高齢者やその家族からの相談対応などです。
医療行為は殆ど発生しませんが、利用者から健康に関する不安や悩みを相談されることもあるため、医療知識は必要です。

地域包括支援センターで働くには

考える女性

地域包括支援センターは、公が運営している場合もあり公務員待遇を得られます。
また民間企業が運営を委託されて行っている場合でも、公務員に近い待遇を得られることもあります。
ただし、普通自動車免許が必須である場合が多く、業務も幅広くなるため看護師のキャリアが求められます。

医療ワーカーでは稀少な地域包括支援センターの求人も紹介いたしております。
地域包括支援センターの看護師として転職をお考えの方はご相談ください。