クリニックで働く看護師のメリット~規則的な勤務時間~


ベッドに寝ている患者と看護師

看護師の求人が多いのは、やはり病院やクリニックです。
病院は、様々な診療科があるため、就業を希望する人が多くいます。
しかし、病院の場合、勤務時間が不規則であるため、帰宅するのが遅くなる、出勤 時間が遅いなど、生活が不規則になる要素を含んでいるというデメリットも。
そのため、同じ病院でもクリニックを転職先として選ぶ人が多数。
ここでは、看護師としてクリニックで働くにあたっての特徴やメリットをご紹介します。

クリニックの特徴について

診察室

クリニックとは、ベッド数が19床以下の病院のこと。
診療科が少ないことが特徴で、専門的な治療を行っていきます。
内科、外科、耳鼻科、皮膚科など診療科目によって業務内容が異なるため、転職をする際、 求人を探す際は、自分に適したクリニックを選ぶことが大切です。
繁忙期もそれぞれのクリニックで異なります。
例えば、内科では、インフルエンザの予防接種がピークを迎える冬が、皮膚科では花粉が飛ぶ季節である春が最も忙しい時期となります。
クリニックは、一般病院よりも地域に密着した医療を行っています。
患者さんとの距離も近いので、会話が弾みやすく患者さんとのコミュニケーションも取りやすいのが特徴です。
普段からコミュニケーションを取っておくことで、診療の際にも病状を確認しやすいという利点があります。
患者さんに寄り添った医療を行うことができるのは、他の病院よりも地域に密着したクリニックだといえます。

クリニックで働くメリット

診察中の医者と看護師

ほとんどのクリニックは、一般的な病院と異なり、夜勤がありません。
そのため、繁忙期以外だと定時に帰宅できることが可能です。
また、土日や祝祭日に休み、または午前中のみの診療であるクリニックが多くあり ます。幼いお子さんがいる看護師や、プライベートな時間をしっかり確保したいという看護師には、嬉しいお仕事だといえるでしょう。
それから、クリニックの場合、診療時間がしっかりと決まっており、午前と午後の診療の間は昼休憩を取ることができます。
一般病院では規則的に休憩を取ることが難しい場合もあるため、クリニックの昼休憩は魅力のひとつでもあります。
さらに、自分に適した分野の専門性を高めるためにクリニックへの転職を考えるのもよいでしょう。
転科の可能性がある総合病院とは違い、クリニックでは同じ診療科で働くことができます。
その診療科のプロフェッショナルになるためにも、クリニックはおすすめです。

クリニックで働くために

錠剤

「日勤のみで働きたい」、「家事や育児と両立しながら働きたい」、「専門知識を高めたい」という人は、クリニックへの転職がおすすめです。
クリニックの求人は一般病院の求人よりも少ないといわれており、転職するにはタイミングが重要です。
そのタイミングを知るためには、まず様々な情報を集めておきましょう。
自分に適したクリニックの求人が出てきた際には、すぐに応募できるよう準備を整えておくことも大切です。
多くの場合、欠員補充として即戦力のある看護師を必要としています。
クリニックの求人を探している、転職を考えているという人は、今のうちから技術を磨いておくようにしましょう。