ケアミックス病院で働くメリット・デメリット


車椅子の女性と看護師

ケアミックス病院とはどんな病院か、イメージが沸きますでしょうか?ここでは、ケアミックス病院で働く看護師のメリット・デメリットをお話しします。働く場所の1つとしてケアミックス病院があるということを、転職を考えた際に思い出していただけたらと思います。

ケアミックス病院とは…?

バンザイする看護師

急性期と回復期、療養型などと異なるケアを必要とし、複数の機能をもった病棟のある病院のことをいいます。一般病棟と異なる点は、1つの病院で診療、治療、術後のケアや看取りまで患者の状況にあった医療サービスを提供できる点にあります。

ケアミックス病棟で働くメリットとは…?

患者と看護師

幅広い看護を経験できることが最大のメリットです。自分に合った現場はどこか、自分の看護スタイルを見極めたい人にとって、一つの病院で様々な職場を経験できることは魅力的です。今まで勤めていた職場でキャリアを積むことも、チャレンジする環境も備わっている為、自分のやりたいことに合わせてキャリア設計することが可能です。また、ライフスタイルの変化に応じやすい点もメリットの1つです。たとえば育児や両親の介護でこれまで通りの勤務が難しくなった際、退職をしてしまうことが多いと思われますが、ケアミックス病棟では様々な職場がある為キャリアチェンジが出来ます。すぐに転職を考えるのではなく、現場と相談しながら働き方や勤務形態を選択することが出来るのは大きなメリットです。同じ職場で長く働きたい、スキルアップを目指したい看護師さんには、配置転換で働き方、働く環境を変えられるという点は非常に魅力的に映るでしょう。

デメリットとして懸念される点

錠剤

反対に、様々な職場で働き、幅広いスキルを身に着けることが出来る点にデメリットを感じるという看護師さんもいらっしゃいます。職場が様々ある為、希望の分野、配属にならないという懸念があったり、また規模が大きい病院が多いため、複雑な人間関係にストレスを感じることもあるかもしれません。また地域の看護師から人気の高い大学病院の場合は、看護師の募集自体行われていないところもあります。一般病院と比較して離職率が低いため、新しい求人が出にくいという点もデメリットの1つでしょう。

なかなかケアミックス病院の求人が見つからない場合は、看護師専門の求人サイトや転職支援サービスを使うといいでしょう。医療ワーカーではそういった相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。