男性看護師の需要とメリット


看護師男女

看護師として働く男性は年々増えてきています。それに伴い、男性看護師を必要とする病院も多くなってきております。ここでは男性看護師の需要がある理由、またそのメリットをみていきたいと思います。

男性看護師の需要の理由

男性看護師と患者

① 安定した体力

体力勝負の医療現場においてこれは大きな魅力です。まず腕力、特に介護補助などは体位変換が必須になります。最近は、メタボリックシンドロームや生活習慣病を患っている患者さんも少なくはなく、そのような患者さんの介護をするには腕力が必須です。訪問看護の現場でも、男性看護師が少ない事から男性ヘルパーを雇っている場合もあるようです。また体力面においても女性よりも安定しています。夜勤のある看護師の仕事において体力がある事は重要なポイントです。

② 男性ならではの雰囲気、将来性

女性の多い職場では人間関係の悩みはつきものです。その中に1人でも男性が入る事で場の空気が和らぐ事がよくあります。患者さんとしても、男性看護師の方が話しやすい、指示をよく聞いてくれる、などの傾向があるようです。また将来性として、女性とは違い結婚や出産で辞める可能性が低いため、病院側も患者さんも安心できるという点もあります。

③ 男性特有の思考力

女性に比べて男性は、一般的に論理的思考力や計算能力が優れているとされています。この力は効率よく看護計画を作成したり、患者さんや家族へ論理的に説明したりできるという点で活躍します。また大きな病院になると最新機器を取り扱う機会が多くなります。その操作も、女性に比べて男性の方が難なく行える事が多いです。

男性看護師のメリット

医者と看護師

①「男性であるからできること」が活かせる現場

女性が大半を占める看護師という職業は、男性であることがまず貴重な存在です。そのような現場で「男であるからこそできること」を存分に発揮できるのは働く上でのメリットです。

②患者さんからも求められる喜び

男性の患者さんは、やはり同性の看護師さんに診てもらう方が、恥ずかしさもなく良いと言います。そのような患者さんに対応できるのもメリットの1つです。

③理解者に出会える

女性が多い職場なので必然的に出会いは多くなります。看護師は勤務時間が不規則な仕事なので、パートナーに理解をしてもらう必要があります。このような点から、理解をしてもらえるパートナーに出会える場所である事は、男性看護師のメリットです。

今後も増えることが予想される男性看護師。まだまだ看護師=女性というイメージが強いですが、近い将来、そういったイメージは無くなっているのかもしれません。