看護師の夜勤の72時間ルールについて


子供と医者と看護師

看護師の夜勤の72時間ルールはご存知でしょうか?看護師の労働負担を軽減させるために取り入れられたルールで、メリットもありますが、やはりデメリットも存在します。ここでは夜勤の72時間ルールのメリット、デメリットをご紹介します。

診療報酬について

医者と看護師

72時間ルールとは何か、を説明する前に厚生労働省によって定められている診療報酬について簡単にご説明します。診療報酬とは、保険診療の際に医療行為などの対価として支払われる報酬のことで、いわば病院の報酬のことです。2006年、診療報酬の制度として「7対1入院基本料」が導入されました。これは患者さん7人に対して看護師を1人常時配置すれば、その分診療報酬が多くもらえる、というものです。この「7対1入院基本料」を満たす条件の一つが、72時間ルールです。

72時間ルールとは?

時計

72時間ルールとは、看護師の1ヶ月の平均夜勤時間を72時間以下にするというルールです。7対1の配置とこの72時間ルールのどちらも満たすためには、それだけの数の看護師が必要となるので、病院側にとっては厳しい条件と言えます。ただし、救命救急センターやICU、NICU、HCUなどの集中治療系の病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、認知症治療病棟などは日勤と同程度の夜勤看護師を必要とするため、72時間ルールは免除されます。また夜勤専従者の72時間の上限も2012年に撤廃されています。

72時間ルールのメリットとデメリット

パソコンと聴診器

72時間ルールの大きなメリットは、看護師の労働負担を軽減させることにあります。看護師の過労はかねてから問題視されており、特に夜勤は看護師の身体的負担が大きいため、このルールの導入は看護師を続けていくという点ではプラスになるでしょう。しかし、その反面、夜勤手当は看護師の給料の一端を担っているため、稼ぎたい看護師にとってはデメリットになってしまいます。実際、収入に満足していない看護師は、休みの日に別の病院でアルバイトをするなどをして収入アップを図っています。看護師を確保したい病院側と、働いて収入を増やしたい看護師の利害が一致し、このような事態になっていますが、これは結果的に一部の看護師の身体的負担を増やしてしまっています。

収入を増やしたいと思っている看護師は、72時間ルールが免除されている救命救急センターやICU、NICU、HCUなどの集中治療系の病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、認知症治療病棟などに転職された方が、身体的負担を少なくしてお金を稼ぐことができるでしょう。