平成28年度診療報酬改定(看護師の夜勤)について


時計
平成28年(2016年)の診療報酬改定では、地域包括や点数の見直しなど多岐に渡りますが、その中には看護師さんの負担を軽減するための改定もあります。看護師の業務で大きな負担、それは夜勤ではないでしょうか。
改定ではこの夜勤にも負担軽減の取り組みが入っています。今回は改定で見直しが入った夜勤についてまとめています。

看護師の月平均夜勤時間数について

悩む看護師
現在の医療制度での夜間勤務では、数少ない看護師で夜勤体制を支えていました。

ただそれでは、夜勤で起きる負担をその少ない看護師に集中させてしまい、それが早期離職などを起こしてしまっています。

今回の改正では、子育てや家族の介護などで夜間勤務に多くは関われなかった看護師にも夜勤体制を支えてもらい、夜勤の評価方法の見直しと月平均夜勤時間数の計算方法の見直しを行っています。

月平均夜勤時間数

(改正前)
月平均夜勤時間数=「夜勤従事者の延べ夜勤時間数」/「夜勤従事者の実人員数」

(改正後)
月平均夜勤時間数=「看護職員の月延べ夜勤時間数」/「夜勤時間帯の実人員数」

注意点

*夜勤時間帯とは、医療施設が定める午後10時から翌日の午前5時までの時間を含めた連続する16時間のこと
*月平均夜勤時間数は、同一の入院基本料を算定する病棟全体で計算する(病棟毎では計算しない)
*月平均夜勤時間数の計算に含まれる実人員及び延夜勤時間数には以下の条件がある

△1.夜勤専従は人員に含んではいけない
△2.夜勤時間帯に病棟と外来を兼務する場合、以下の計算式で実人員数として計上する。
実人員数=(当該看護師の夜勤時間帯に病棟で勤務した月当たりの延べ時間)/(当該看護要員の月当たり延べ夜勤時間)

条件

□7対1、10対1入院基本料の病棟での実人員数、夜勤時間数の条件

月当たりの夜勤時間数が16時間未満の者は含まない。
ただし、短時間正職員は12時間以上で含む。
(改正前は16時間以下)

□7対1、10対1入院基本料以外の病棟での実人員数、夜勤時間数の条件

月当たりの夜勤時間数が8時間未満の者は含まない。
(改正前は8時間以下)

変更点での大きな箇所は、月平均夜勤時間数の計算式の変更と、実人員数の条件が変更された点です。

実人員数として認められないのが、16時間以下から16時間未満への変更になり、月1回(2交代制)もしくは月2回(3交代制)入ることで16時間以上になり月平均夜勤時間数の計算に含むことが可能になります。

これにより医療施設側は月平均夜勤時間数の72時間をクリアするのが簡単になり、医療従事者側でもワークライフバランスの改善と、月1回夜勤では採用されなかった人でも採用されやすくなるとされています。

ただこれには、一部の人に夜勤が集中してしまうのではないだろうか、子育て中や介護を行っている看護師に夜勤を強要してしまうのではないかと懸念している声もあります。

夜間看護体制への評価

チェックシート
夜間勤務の平均時間計算を変えるだけでは負担の軽減は進まないと考え、更に負担の軽減を促進するにはどうすれば良いのかということで、看護職員及び看護補助者の夜間勤務に対しての評価と、看護職員に対する勤務負担軽減を行っている医療施設に対して評価がされるようになりました。

看護職員夜間配置加算

(改正前)
看護職員夜間配置加算 50点

(改正後)
1.看護職員夜間12対1配置加算

イ:看護職員夜間12対1配置加算1.80点
ロ:看護職員夜間12対1配置加算2.60点

2.看護職員夜間16対1配置加算 40点(新規作成)

【施設条件】

1.看護職員夜間12対1配置加算

イ:夜間勤務を行う看護職員数は、常時12対1以上を維持すること
ロ:下記の内、4項目以上満たす場合に算定される
①:1回の勤務終了時から次の勤務開始迄に11時間以上の時間を開ける
②:3交代勤務制の病棟では、正循環となる勤務シフトを守る
③:夜間勤務の連続回数は2回まで
④:所属部署以外の部署をヘルプ出来るシステム(夜間含む)を構築しており、かつ部署による業務量の集中化が起きないように標準化を行い、このシステムを夜間に使用した実績がある
⑤:看護補助者を夜間勤務帯に配置している
⑥:みなし看護補助者を除いた看護補助者の比率が5割以上
⑦:夜間時間帯にも開いている院内保育所を設置している

2.看護職員夜間16対1配置加算

イ:夜間勤務を行う看護職員数は、常時16対1以上を維持すること
ロ:12対1配置加算のロと同一条件

*看護補助者とは

看護補助者は看護助手とも呼ばれる看護師のサポートをする方です。
患者さんの身の回りのサポート(食事や入浴の介助)、看護補助(口腔ケアなど)、搬送を行います。
医療行為は行わないので資格も必要ありません

*みなし看護補助者とは

施設基準を越えて配置している看護職員を看護補助者とみなして使うこと。
看護職員は本来の看護業務に専任するべきなので、施設条件からは除外されます。

この改正では、キチンと夜間勤務の負担を軽減している医療施設には今まで以上に点数の形で
評価されるようになりました。
医療施設としては、これを取得することで新規の求人を得る際のPRとなりますし、求職者としても負担軽減を考えたこの配置加算をしている医療施設で働きたいと思います。
患者側としても夜間帯にも看護師さんが一定数いる医療施設なら安心できます。
この様にどの面から見てもwinになれるのがこの夜間配置加算です。

看護師男女
看護師さんにとって勤務の負担になっている夜間勤務。
夜勤が嫌で日勤常勤だけを探す看護師さんも少なくありません。
ただ、医療施設側が必要としているのは夜勤も出来る看護師さんであり
ミスマッチが起きています。

今回の改正では、最低1回でも夜勤が出来れば月平均夜勤時間数に計算出来るようになります。
これにより医療施設側では夜勤1回では採用を控えていた人でも採用されるようになりましたし、
家庭の事情で夜勤を多くは入れられず、動くことを控えていた人も動けるようになります。

前述の通り、この改正により普段から夜勤をしている看護師が更に夜勤をすることになるのではないかと
いう意見もあります。

夜勤の平準化が厚生労働省が思った通りになるのかはこれからですが、看護師さんにとって
働きやすくなることになれば良いことですね。