看護基準7対1のメリットデメリット


患者と看護師2人

看護師として求人を探す際に、その病院は7対1なのか、10対1なのか、を目安にされる方は多いと思います。
ただ、この看護基準は求人票には載ってはいません。
その病院に直接聞いてみるか、医療ワーカーの様な転職支援会社に聞いていただく必要があります。
そもそも、この看護基準をみなさんは何処まで知っていますでしょうか?
「7対1の方が良い!」と、みなさんお思いではないでしょうか。
でも、そうでも無いのです。
看護基準7対1のメリットデメリットから、これからの転職について考えてみてください。

7対1のメリット

車椅子の患者と男性看護師

看護師としてのメリットは、1人の看護師に対して7人の患者さんという意味になりますので、1人辺りの業務量は軽減されます。
これによって高い離職率が軽減された病院も多数出てきました。
日本看護協会の調べでも10対1などに比べて、7対1の離職率のほうが低いことは証明されています。
また、患者さんにとっても護師の数が増えるので、従来よりも高い質の医療が受けられます。
質が高くなると医療事故に対するリスクも軽減されます。
これは病院にもメリットがあり、7対1病院の入院基本料は10対1よりも高いのです。

7対1のデメリット

錠剤

メリットを見ているとデメリットなんて無さそうに見えますが、実はあります。
場合によっては10対1病院の方が働きやすいなんてこともあります。
大学病院などの超大型病院では起きませんが、7対1をギリギリで維持している病院も多数あります。
メリットに書いてありますが、7対1病院の入院基本料は高いです。
当然病院は10対1ではなく、7対1を目指します。
そこでギリギリの人員で7対1を維持している病院で発生するのが、病棟と外来の兼務や新人ナースの登用です。
この場合、1人の負担は10対1よりも高くなります。
そこで重要なのが、看護体制ではなく、看護師数です。
病床数に対して看護師数が少ないのに7対1と言っている病院ではデメリットが発生している可能性が高いと思われます。
また、看護師さんの平均勤続年数も確認しましょう。
平均が短い病院はデメリットが発生していると見て良いでしょう。

終わりに

 

握手

7対1病院は看護師さん、患者さん、病院にとって良いものですが、良い所だけを見ずに、看護師数や平均勤続年数、欠勤時の対応などをしっかりみて、本当にメリットを得られるか見極めてくださいね。
わからないときは、医療ワーカーが求人提案を行いますのでご安心下さい。