外科の特徴と看護師が働くメリット


きりっとした表情の看護師

外科は新人看護師に人気の科目の一つです。

はっきりとした短期的な目的があり、患者さんの回復を実感できることから、看護師がやりがいを感じやすいと言われています。

一度は経験しておきたいと考える方も多いでしょう。

ここでは外科の特徴についてお話しします。

手術がある

手術中

外科の1番の特徴といえば手術があることです。

幅広い年齢層の患者さんが手術をするために外科に入院してきます。

そのため、ルーティン業務に加えて術前・術後の患者さんのケア、家族とのコミュニケーションなどが必要となります。

患者さんの不安を和らげ、サポートをすることが外科で働く看護師にとって重要な役割です。

また、患者さんは手術が終わり症状がよくなれば退院していくため、内科に比べて在院日数は短いです。

一人一人の患者さんと関わる時間はそれほど長くはありません。

短時間にしっかりとコミュニケーションをとることが必要となります。

スキルアップしやすい

こぶしを上げている看護師

外科は他の科目に比べて処置が多くなります。

一般的な処置のスキルはもちろんですが、術前・術後の患者さんと関わることも多いため、急変の対応など総合的なスキルが身につきます。

覚えることはたくさんありますが、外科では看護師として必要なスキルを一通り学ぶことができます。

やりたい科目が見つからないという方は、とりあえず外科で経験を積んでスキルアップを目指すというのもオススメです。

医療ワーカーでは外科の求人を多数ご紹介しております。

外科への転職を希望の看護師さんは是非ご相談ください。