小児科で働く看護師の特徴


子供と看護師2人

小児科を希望する看護師さんは多く、人気の高い科目です。
子供が大好きで、子供の笑顔を見ると元気になれる・未来ある子供が元気になっていく姿にとてもやりがいを感じる、そういった看護師さんは小児科がとても向いていると言えるでしょう。
しかし子供が好きなだけではなかなか難しいのも事実です。
子供が好きだからこそ、子供が苦しんでいる姿を見ることはとても辛いことです。
また、小児科には他の科にはない特有の難しさがあります。
ここではその小児科の特徴についてお話しします。

患者と意思疎通がうまく図れない

診察中の医者と看護師

小児科は生まれたばかりの乳幼児から中学生までが対象です。
どこが痛いのか、自分の症状をうまく訴えることができない子が大半です。
体が小さい分、病気による急変もしやすく、バイタルや表情のわずかな変化を見逃さないなど、細かい観察力が必要となります。

患者さんの親への対応

問診票

患者さんだけでなくその親への対応が求められます。
子供が病気の場合、親の精神状態はとても不安定です。
その時の看護師さんの一挙一動がクレームにつながることもあります。
不安定な精神状態の親とコミュニケーションをとり、治療にむけて協力し合うことが大切です。

幅広い知識が必要

女の子と看護師

乳幼児から中学生までが対象の小児科ですが、内科・外科のように分かれておらず、成人全ての科が集まっています。
また年代によってかかりやすい病気や症状も違うため、小児科で働く看護師は幅広い知識が必要となります。

小児科の仕事は子供が好きというだけでは難しいですが、子供が好きでないと務まりません。
大変な仕事ではありますが、可愛い子供の笑顔が最大の魅力です。
医療ワーカーでは小児科の求人も多数ご紹介しております。小児科で転職を希望の看護師さんは是非ご相談ください。