整形外科で働く看護師の特徴


考える看護師

整形外科の患者さんは、小さな子供からお年寄りまでが対象です。
幅広い年齢層の方と接したいという看護師さんにはピッタリの科目です。
また、来られる患者さんは基本的に意識がはっきりしているため、「患者さんとコミュニケーションをとりながら看護をしたい」「じっくり患者さんと向き合いたい」という方にはおすすめです。
整形外科は比較的忙しい科目ではありますが、同時にやりがいも大きい科目です。
忙しい環境でも、明るい雰囲気の中でテキパキと仕事をしたいと考える看護師さんは多いのではないでしょうか。

患者さんの年齢層が幅広い

松葉杖の子供と看護師

整形外科は小さな子供からお年寄りまで幅広い年齢層の方が対象です。
また、交通事故やスポーツ障害、老化による関節痛など症状も様々です。
ほかの科目に比べると比較的若い患者さんが多く、命にかかわる症状の方も少ないため、前向きで明るい雰囲気があります。
そのため看護師さんの中でも人気の科目です。

回復が目に見て感じられる

病院の待合室

骨折で動けなかった方が歩けるようになったり、ギプスがとれて退院していったり、患者さんの回復を目で見て感じることができるのが整形外科の魅力の1つです。
看護師としてのやりがいや楽しみが感じやすい職場です。

主な仕事内容

診察室

注射・採血などの一般的な業務のほかに、包帯やテーピング、ギプスの装着などがあります。
また、自分で自由に動くことのできない患者さんが多いため、体位交換や移動介助、食事介助、トイレ介助などの介護的要素がほかの科目よりも多くあります。
介助には力が必要なため、男性看護師の配置も多い傾向にあります。

医療ワーカーでは整形外科の求人も多く紹介しております。
クリニックや専門病院、総合病院など、働く場所によって仕事内容や忙しさは大きく変わります。
整形外科の看護師として転職をお考えの方は是非ご相談ください。