産婦人科で働く看護師の特徴


妊婦

産婦人科はとても専門性の高い科目です。
また、希望する看護師は多いですが、求人自体はさほど多くありません。
そのため産婦人科を経験したことがないという看護師は多いでしょう。
産婦人科はやりがいも、伴う責任も大きく、他の科にはない魅力や大変さがたくさんあります。
ここではその産婦人科の特徴についてお話しします。

新しい命の誕生に立ち会える

大人の手と赤ちゃんの手

産婦人科のみの特徴であり、最大の魅力となるのが『新しい命の誕生に立ち会える』ということでしょう。
その瞬間はとても感動的で、やりがいが大きい仕事です。
同時に、とても大きな責任も伴います。
女性にとって出産は一大イベントであり、精神的に不安定になりがちです。
看護師は細かい配慮やケアをすることが必要となります。
大変なことも多いですが、産まれたばかりの赤ちゃん、お母さんやその家族、みんなの笑顔に囲まれると、とても幸せな雰囲気を感じることができます。

24時間体制の仕事

産婦人科医と看護師

陣痛・お産はいつ始まるのか、時間を計算することはできません。
どれくらい時間がかかるのか、昼に産まれるのか、深夜に産まれるのかも事前にはわかりません。
いつ何があってもいいように24時間体制で準備をしておかなければなりません。
そのため産婦人科には夜勤がつきものです。
クリニックで働いても夜勤や日曜・祝日の勤務があるということは産婦人科の大きな特徴でしょう。

看護師の業務内容

病院の廊下

産婦人科では、看護師と助産師が一緒に働いています。
しかし、お産には助産師がほとんど関わるため、看護師はお産になかなか関われないということも少なくありません。
看護師は検査業務や介助、産後の指導などをメインで担当します。
産婦人科はとても専門性の高い分野であるため、看護師として経験できる技術はそう多くありません。
そのかわり産婦人科はステップアップが明確なので、看護師として働きながらのちに助産師資格を取得するという方も多いです。

産婦人科は希望する看護師は多いですが、募集自体はとても少ないです。
産婦人科で転職を希望の看護師さんは是非ご相談ください。